コラム

 公開日: 2018-06-19 

「年金、どうせもらえないから払わないで貯金」は賢い選択か

執筆記事がマネーポストWEBに掲載されました。



国民年金保険料の納付率は、65.0%(2016年)。この数字は保険料を免除・猶予されている人を除いて算出されたもので、それらを含む実質的な納付率は約40%となっている。およそ半数が年金保険料を払っていないのだ。「将来、確実にもらえるかわからないから」という理由で保険料を納めていない人は多い。それは本当に賢い選択なのか。ファイナンシャル・プランナーの清水斐氏が解説する。

 * * *
 年金の「支給漏れ」や「情報漏洩」といった、年金不信を招くニュースが後を絶ちません。さらに、少子高齢化に伴って「現役世代=保険料を支払う世代」が減り、「高齢世代=年金を受け取る世代」が増えていくため、世代間扶養をベースとした現在の年金制度は「破綻する」という主張もあります。

 そういうわけで、「どうせ将来はもらえないから」「払い損になるくらいなら」と考えて、国民年金の加入者の中には保険料を支払わずに「自分で貯金する方がまし」と考える人もいます。その考え方は賢い選択なのでしょうか。


つづきはこちらから

その他の記事、お知らせなどはFacebookに随時更新しています。
https://www.facebook.com/fp.f.design/

【初回相談受付について】
ひと月5組まで、初回無料相談がご利用頂けます。
(1回45分、ながの子育てパスポート利用で75分)

今月の受付状況は
FacebookまたはHPをご覧ください。
HP: http://www.fp-saku.com

この記事を書いたプロ

FP事務所f-design [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 清水斐

長野県佐久市長土呂433-2 [地図]
TEL:080-7006-0116

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
得意分野と対応例
イメージ

ファイナンシャルプランナーは、①ライフプラン②金融③不動産(住宅ローン)④税制⑤保険⑥相続の6つの分野の専門知識を持っています。ただ、全ての分野を完璧にご提案...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
明確なプラン作成と無理のない提案でお金の不安を解消するFP 清水斐さん

漠然とした不安”の“漠然”を明確にして解決、「使える金額」と「貯める金額」をはっきりさせます(1/3)

 長野県佐久市でファイナンシャルプランナー(FP)として相談業務を行う清水斐さんが、お金の問題に関心を持つようになったきっかけは、自身の年金だったそうです。「20代後半の頃、将来どのくらい年金がもらえるか気になって、それを職場の雑談の中で...

清水斐プロに相談してみよう!

信濃毎日新聞 マイベストプロ

30代FP、同世代の視点からお客様に合った解決策を提案

事務所名 : FP事務所f-design
住所 : 長野県佐久市長土呂433-2 [地図]
TEL : 080-7006-0116

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-7006-0116

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

清水斐(しみずあや)

FP事務所f-design

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

貯蓄について具体的なアドバイスが欲しい方へおススメ!

貯蓄ができない自分が恥ずかしかったのですが、正直に相談で...

トモミさん
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
保険だけじゃない!FPの活用方法ご案内

マイベストプロ信州をご覧の皆様、はじめまして。佐久市でFP事務所を開設、ファイナンシャルプランナーとして活...

[ f-designについて ]

お金、どこで貯めていますか? 選択のカギは「いつ使うか」
イメージ

ここ10年くらいで、資産形成を取り巻く“常識”は激変した。様々な金融商品が登場し、「お金の置き場所」の選択...

[ 金融資産運用 ]

年金受給額を増やすことができるって本当?人生100年時代の年金戦略とは
イメージ

執筆記事が掲載されました。日本の平均寿命は80歳を超え、いまや100歳まで生きることを考える必要が出てき...

[ ライフプラン ]

地方移住のメリットとデメリット 長野に転居した30代FPの場合
イメージ

(こちらは執筆記事の転載です)「田舎暮らし」や、都会と地方に家を構える「二拠点居住」が注目されている。...

[ ライフプラン ]

住宅購入・建築のための住宅ローン相談増えています

新年度から特に新規のご相談が増えています。特に住宅購入を検討していて自分の無理ないローンの借入額が知りた...

[ 不動産/住宅ローン ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ