コラム

 公開日: 2014-01-22 

生命保険を活用した相続対策に注目!!

平成27年1月1日以降、相続税の基礎控除額が現行の6割に減らされてしまう。

現在の基礎控除額は、5000万円+(法定相続人の数×1000万円)。
平成27以降は、3000万円+(法定相続人の数×600万円)となる。

使うあてのない現金がある場合、 生命保険の「死亡保険金の相続税非課税限度額」
という非課税枠を利用する。
被相続人が死亡したことによって取得する生命保険金のうち、被相続人が保険料を負担したものは、
「500万円×法定相続人の数」の金額まで非課税となる。
法定相続人が3人の場合、1500万円の預金で「一時払い終身保険」に加入することにより、
1500万円の相続財産が非課税となる。

「相続」が「争族」にならないために生命保険を有効に活用しましょう。

相続財産が自宅だけといった場合、相続人の間で公平に財産を分け合うには売却して
金銭にするしか方法がない。
しかし、長男が自宅に住み続ける場合、他の兄弟との間でいわゆる「争族問題」が勃発する。
こんなケースでも生命保険が威力を発揮する。長男以外の兄弟を保険金受取人とする保険に加入する。
この場合の契約者および被保険者は被相続人。

生命保険を有効に活用すれば「争族問題」にならずにすむだろう。
ただし、健康状態によっては、加入できない場合や、通常の保険料より高くなってしまう場合
もあるので健康なうちに加入しておくことが重要。




この記事を書いたプロ

エフピーパートナーズ [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 渋沢文彦

長野県上田市材木町2-2-1-202 [地図]
TEL:0268-29-1144

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
渋沢文彦 しぶさわふみひこ

国際資格を持つFPとして、信頼性の高いマネープランを提案する(1/3)

「自動車関係の営業を担当していた私のところに、ある日、突然、保険会社からスカウトがやってきました」。渋沢文彦さんは、今から15年以上も前のことをそう振り返ります。長野冬季オリンピック開催の前夜、セールスマンとしての手腕を見込まれヘッドハンテ...

渋沢文彦プロに相談してみよう!

信濃毎日新聞 マイベストプロ

国際資格を持つFPとして、法人のさまざまな課題を解決

会社名 : エフピーパートナーズ
住所 : 長野県上田市材木町2-2-1-202 [地図]
TEL : 0268-29-1144

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0268-29-1144

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

渋沢文彦(しぶさわふみひこ)

エフピーパートナーズ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
入院したときにかかる費用はどれくらい? 医療保険の必要保障額は?

もし、病気やケガで入院することなった場合どれくらいの費用がかかるのでしょうか?休日にレジャーに出かけ、...

マイナス金利の生命保険に与える影響は?

日銀のマイナス金利導入により、様々な影響が出始めています。金利が下がることによって歓迎できる面のあれば...

年末調整で控除忘れの場合の対処法

今年の年末調整もすでに済んだ方も多いと思います。もし、年末調整提出後、以下のものが見つかった場合どうし...

火災保険見直しのポイント

前回、10月から火災保険の改定による値上がりについて案内しましたが、火災保険を見直すにあたってのポイン...

火災保険、10月改定で値上げ

火災保険が10月の改定で大幅に値上げになる。現在、地域によって保険料を変えているのだが、台風災害や...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ