コラム

 公開日: 2013-07-03  最終更新日: 2014-06-19

完全分離型タイプのメリット・デメリット

長野で二世帯リフォームなら光洋リフォームにお問い合わせください。

今回から『家族が笑顔で暮らすためには?』
住まい方のタイプによるメリットデメリットをお伝えしていきます。
二世帯住宅は大きく分けて3タイプに分けられます。完全にスペースを分離させた
『完全分離型」。 玄関や浴室など一部だけを共用する「一部共有型」。多くの
生活空間を共用する「完全共有型」。


完全分離型タイプ


完全分離型

1回目は完全分離型タイプのメリットデメリットです。

☆☆メリット

① プライバシーが完全に守ることができる。
② 各世帯の独立感が強まる。
③ 内部で行き来できる。
④ 区分登記が可能で、住宅ローンや税制面で有利となる。


★★デメリット

① 敷地に余裕が必要である。
② お互いに疎遠になりがちである。
③ 建築コストが高めになる。

などなどあります。
それぞれのメリットとデメリットを考慮して、気持ちよく同居できる間取りを選択
してください。


お問い合わせはこちらから>>> 
光洋リフォームのことはこちらから>>> 

~次回は一部共有型についてお伝えします~

この記事を書いたプロ

光洋リフォーム有限会社 [ホームページ]

一級建築士 米山賢

長野県長野市鶴賀七瀬中町1059番地 [地図]
TEL:026-226-1626

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
外壁キャンペーン
長野県長野市の外壁塗装リフォーム

長野県長野市周辺のみなさまへ、WEB限定外壁塗装リフォームキャンペーン!詳細はこちらから>>>http://www.koyoreform.com/gaiheki/index.html光洋リフォームでは...

お風呂キャンペーン
お風呂リフォームキャンペーン

長野県長野市周辺のみなさまへ、WEB限定お風呂リフォームキャンペーン!今回光洋リフォームでは日頃のご愛顧に感謝して、地域の皆様にお風呂リフォームを適正価格・...

 
このプロの紹介記事
光洋リフォーム 米山賢さん

お客様の笑顔を考えたリフォームを提案(1/3)

 「住宅でのトラブルは、ちょっとしたことでも生活に支障がでます。私に電話をくれた時は本当に困っているんです。だから、それを解決するとすごく喜んでいただける。お客さんの笑顔を見ると、こんないい仕事はないなあと思います」。光洋リフォーム有限会社...

米山賢プロに相談してみよう!

信濃毎日新聞 マイベストプロ

信州の暮らしにマッチしたシニア世代のためのリフォーム

会社名 : 光洋リフォーム有限会社
住所 : 長野県長野市鶴賀七瀬中町1059番地 [地図]
TEL : 026-226-1626

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

026-226-1626

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

米山賢(よねやままさる)

光洋リフォーム有限会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
足場が取れました。
イメージ

 そろそろ完成のリフォーム! リノベーション完成間近です。7月から施工している全面リフォーム工事が終盤に...

[ 長野のリフォームはおまかせください! ]

全面リフォームその後
イメージ

 リフォームの解体後 中古のリノベーション進んでいます。解体部分は囲われてわからなくなりました。...

[ 長野のリフォームはおまかせください! ]

期間限定の補助金
イメージ

 エコリフォームに補助金 期間限定の住宅ストック循環支援事業が始まっています。良質な既存住宅の市場流...

[ 長野のリフォームはおまかせください! ]

碍子(ガイシ)
イメージ

 リフォームの解体後 この画像わかりますか?リノベーションの解体時に小屋裏に電気の配線と共に使...

[ 長野のリフォームはおまかせください! ]

LIXILで感謝祭
イメージ

 感謝祭 明日、11月12日土曜日LIXIL長野ショールームで、今年最後の合同感謝祭を開催します。弊社OB様に...

[ 長野のリフォームはおまかせください! ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ