コラム

 公開日: 2018-04-11 

長押(なげし)のこと

和室のこと

座敷と茶の間という部屋がありました。
二間続きの日本間です。

かつては冠婚葬祭は自宅で執り行われていました。
そんな時に使われたのが座敷でした。

格調の高い部屋で、普段はあまり使われていませんでした。
そんな部屋に長押(なげし)というものがあります。

長押


今では当たり前ですがその昔は位の高い家にしか取付けられなかったようです。
どんな意味があるのかわかりませんが、建築史のなかで聞いたのは武士が
いざというときのために長槍を掛けていたというものでした。

赤穂浪士の俵星玄蕃の場面にも出てきます。
『長押にかかるは先祖伝来、俵弾正鍛(たわらだんじょうきた)えたる九尺(くしゃく)の
手槍を右の手に・・・』

9尺といえば1間半、2m70㎝もあります。
長押に掛けておくのが一番合理的ですよね。

そんな長押も今はハンガー掛けや額縁掛けに使われる程度になりました。そもそも座敷が
必要ではなくなり、納戸化している場面もよく目にします。
時代は変わりました。

なになに?『まじめすぎるリフォーム屋!』でおなじみ>>>
リフォームのお問い合わせはこちらから>>>
Webチラシ>>>

この記事を書いたプロ

光洋リフォーム有限会社 [ホームページ]

一級建築士 米山賢

長野県長野市鶴賀七瀬中町1059番地 [地図]
TEL:026-226-1626

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
外壁キャンペーン
長野県長野市の外壁塗装リフォーム

長野県長野市周辺のみなさまへ、WEB限定外壁塗装リフォームキャンペーン!詳細はこちらから>>>http://www.koyoreform.com/gaiheki/index.html光洋リフォームでは...

お風呂キャンペーン
お風呂リフォームキャンペーン

長野県長野市周辺のみなさまへ、WEB限定お風呂リフォームキャンペーン!今回光洋リフォームでは日頃のご愛顧に感謝して、地域の皆様にお風呂リフォームを適正価格・...

 
このプロの紹介記事
光洋リフォーム 米山賢さん

お客様の笑顔を考えたリフォームを提案(1/3)

 「住宅でのトラブルは、ちょっとしたことでも生活に支障がでます。私に電話をくれた時は本当に困っているんです。だから、それを解決するとすごく喜んでいただける。お客さんの笑顔を見ると、こんないい仕事はないなあと思います」。光洋リフォーム有限会社...

米山賢プロに相談してみよう!

信濃毎日新聞 マイベストプロ

信州の暮らしにマッチしたシニア世代のためのリフォーム

会社名 : 光洋リフォーム有限会社
住所 : 長野県長野市鶴賀七瀬中町1059番地 [地図]
TEL : 026-226-1626

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

026-226-1626

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

米山賢(よねやままさる)

光洋リフォーム有限会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
中樋端(なかひばた)
イメージ

 ハンガー戸から引き違い戸へリフォーム 部屋と部屋の仕切りに、ハンガー戸(吊り式)が付いていて動きが悪く...

[ 長野のリフォームはおまかせください! ]

お風呂のリフォームのことⅢ
イメージ

 リフォームの流れ 一般的なユニットバスのリフォームについてです。いわゆるタイル張りの浴室をユニットバ...

[ 長野のリフォームはおまかせください! ]

お風呂のリフォームのことⅡ
イメージ

 リフォームの流れ 一般的なユニットバスのリフォームについてです。いわゆるタイル張りの浴室をユニットバ...

[ 長野のリフォームはおまかせください! ]

床のリフォームのことⅡ
イメージ

 リフォームの流れ フローリング床のリフォームをするには既存の床を全部壊して新しくフローリングを張って...

[ 長野のリフォームはおまかせください! ]

床の段差のこと
イメージ

 それには理由があった 日本の住宅には『和室』がつきものでした。・・・でしたというのは、最近の住宅では...

[ 長野のリフォームはおまかせください! ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ