コラム

 公開日: 2013-06-26 

句読点の重み

中学で初めて英語を習った子どもたち。
大文字と小文字の区別がつかなかったり、単語同士がくっついてしまったり、英文を書くという作業に苦労している。

中でも目立つのがピリオドの脱落である。
口を酸っぱくして注意しても直らない子がいる。
日本語の「。」と同じで、それがないと文が終わらないと強調しているのだが...。

そういう子の日本語を見てみると、案の定「。」がない。
「、」さえなかったり、あってもいいか加減な所に打たれている。
字数制限のある要約問題で、最後のマスぎりぎりまで文字で埋めてくる。
文中から該当箇所を抜き出す問題でも、平気で句読点を落として写す。

中2や中3になると、うるさく言われるせいか、英語のピリオドの脱落こそ少なくなってくるが、日本語の「。」「、」に関してはあまり改善されないように思う。
より大切な母国語を書くときに、句読点の付け方を考えている子がどれくらいいるだろうか。

そもそも教える側も、句読点の付け方について十分な指導をしていないのではないか。
小学校で作文の書き方的なことは機械的に教わっても、点一つで変わってしまう文の意味やニュアンスについて、十分な時間を割いた指導がなされているとは思えない。
国語のテストでは、「、」や「。」について英語ほど厳しく減点されないのではないだろうか...。

西洋ではプラトンの昔から句読法が盛んに研究されてきたという。
ピリオドやカンマの他にも、コロン、セミコロン、ハイフンなど種類も多い。
かたや日本語は、平安時代にはまだ句読点がなかった。
元になった漢文にそれらがなかったためであろう。

それがいつ頃から今のような「。」「、」が使われ出したのか。
明治期には、「国文にもきちんとした句読法を確立せよ」という動きもあったそうだが、未だに「法」と呼べるものはできあがっていない。

日本語の場合、多くの言語と違って単語ごとの分かち書きをしない。
また、文法による語順の制約も少ない。
その分、読みやすくする、あるいは誤解を避けるために、特に読点が果たす役割は大きいと言えよう。

句読法を確立するのは難しくても、いろいろな例文を題材に、句読点をどう駆使すれば読みやすくなるのか、また意味がどう変わるのかなどを学ぶ機会はもっとあって然るべきだと思う。

 「私は父と、母の墓参りに行った。」
 「私は、父と母の墓参りに行った。」

読点の位置一つで「父」が健在か否かまで変わってしまうことの重みを、中学生や高校生にじっくり味わってもらいたい。
それは「伝える力」を磨くことにもつながるはずだから...。

この記事を書いたプロ

思考道場 楠塾 

塾講師 小林良行

長野県長野市松代町松代556-2 思考道場 楠塾 [地図]
TEL:026-278-9404

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ

            H24年度2名(5名受検)            H25年度2名(6名受検)              H26年度1...

 
このプロの紹介記事
小林良行 こばやしよしゆき

覚えるのでなく、理解する。 自分で「論理的に考え、発信できる力」を養う学習塾。(1/3)

松代の「思考道場 楠塾」塾長の小林良行さんは、「言葉を鍛え、思考を磨く」をコンセプトに、これまで多くの生徒を指導してきました。「特に小学生は、学校の成績を上げるということを目的としていないんです」と小林さんはきっぱり。オリジナルの教材を...

小林良行プロに相談してみよう!

信濃毎日新聞 マイベストプロ

問題を自分で考え、自分の力で解決できる子どもの指導育成に強み

会社名 : 思考道場 楠塾 
住所 : 長野県長野市松代町松代556-2 思考道場 楠塾 [地図]
TEL : 026-278-9404

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

026-278-9404

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小林良行(こばやしよしゆき)

思考道場 楠塾 

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
子どもたちの国語力が危ない!
イメージ

 最近話題に上ることが多いAI(人工知能)。囲碁の世界王者に勝ったり、将来人間の仕事の大半が奪われると予測...

ごまかし勉強

<教室だより6月号より>(塾生の保護者向けの表現になっています。ご了承ください。) もう10年以上前にな...

できたら終わり...?

 塾での勉強で間違えるのを恐れてはいけません。間違えるのよりもっと悪いのは、自分の頭で考えないこと!ちょっ...

大学入試改革で問われる力とは?

 2020年度からの実施に向け、大学入試の改革が進められています。新年度の中学2年生からが対象ですね。知識偏重...

日本語に敏感になろう!

 次のそれぞれの文で、「それ」が何を指しているか答えてみてください。小学生高学年に与えているオリジナル教材...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ