コラム

 公開日: 2018-04-13 

素直に受け取る



【ライフキャリアコーチング】

誰でも初めてのことは戸惑いますし、わからないことは不安や心配に感じるものです。

そんなときに心強いのが、信頼できる人の相談やアドバイスです。

困ったときには有り難い相談やアドバイスですが、ときには耳が痛くなることもあります。
もしかしたら、耳が痛いのは、自分でも思い当たる節があるからかもしれません。
誰だってプライドもありますし、傷ついたり落ち込んだりしたくはありませんので、目をそむけたくなることも当然です。

ただ、相談やアドバイスをする人も、嫌われたくて言っているわけではありません。
あえて耳が痛くなるようなことを伝えることは、勇気が必要なことです。
社会人経験が長くなると、だんだんに忠告してくれる人も少なくなっていきます。

大切なことは、どのように受け取るか。

人には自分が気付いていない、相手が知っている自分があります。
相手のアドバイスを素直に受け取ることができたとき、人は大きく成長することができます。

また、相手に隠している自分を素直に伝えることができれば、知らないことや、わからないことがあっても、相手を素直に頼って教えてもらうことができます。

耳が痛いことや目をそむけたくなることも、アドバイスをもらったそのときが改善のチャンスと思って、素直に受け取ってみましょう。

「あえて伝えてくれている人は誰ですか?」

ライフキャリアカウンセラー
折山 旭

働く人の活き活きライフキャリア実践講座

ライフキャリアカウンセラー折山 旭のブログで配信中。
信州ライフキャリア研究所のFBページでも配信中です。
「いいね!」していただけたら嬉しいです♪

この記事を書いたプロ

信州ライフキャリア研究所 [ホームページ]

産業カウンセラー 折山旭

長野県上伊那郡飯島町飯島2317-1 [地図]
TEL:050-3736-0071

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
法人向け/個人向け
イメージ

信州ライフキャリア研究所 代表ライフキャリアカウンセラー民間企業の人事、行政での若年者就業支援の業務を経て、働く人と組織を活き活きと輝かせる専門家とし...

 
このプロの紹介記事
折山旭 おりやまあさひ

自分の中の答えに自ら気付き意思決定できるためのサポート(1/3)

 「人を大切にする組織は多い。しかし、社会情勢的な意味合いからも、ゆとりをもって社員を育てられる環境が潤沢にあるとは言い難いのも事実です。」と話すのは、信州ライフキャリア研究所の折山旭さん。 県内大手メーカーで人事労務管理を10年ほど経験...

折山旭プロに相談してみよう!

信濃毎日新聞 マイベストプロ

コミュニケーションを通じて人を大切にできる人財と組織づくり

会社名 : 信州ライフキャリア研究所
住所 : 長野県上伊那郡飯島町飯島2317-1 [地図]
TEL : 050-3736-0071

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

050-3736-0071

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

折山旭(おりやまあさひ)

信州ライフキャリア研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
少しが大きな差
イメージ

【ライフキャリアコーチング】効率が求められる時代だからこそ、少しの積み重ねが大きな差になります。...

[ ライフキャリアコーチング ]

良い言葉や情報を伝える
イメージ

【ライフキャリアコーチング】人はとかく、足りないものや欠けているものに目が行きがちです。誰にで...

[ ライフキャリアコーチング ]

初対面の人と打ち解けるコツ
イメージ

【ライフキャリアコーチング】新年度がスタートしました。4月は出会いの季節でもあります。挨拶など...

[ ライフキャリアコーチング ]

そのときがタイミング
イメージ

何かを始めるのに、遅すぎることはありません。自分の人生でいつ何をするかは、自分次第です。もしも...

[ ライフキャリアコーチング ]

自分の道を歩く
イメージ

【ライフキャリアコーチング】人生は選択の連続です。人生における大きな決断から、今日のランチは何...

[ ライフキャリアコーチング ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ