コラム

 公開日: 2013-05-19 

幸せな家づくりのポイントは『人生設計⇒資金計画⇒住宅計画』

5月12日 松本会場
5月18日 長野会場

2日間に渡って行われた「住宅計画セミナー」が無事終了しました。

参加していただいたみなさま、私とこのセミナーのご縁を繋いで頂いたみなさま、そしてわざわざ時間を割いて参加してくれて貴重なアドバイスをくれた友人のみなさまに深く感謝をいたします。

セミナーで私に与えられた時間は50分。
その間の中で資金計画のすべてをお伝えすることはとても難しいことでした。
伝えたいことがたくさんあったので・・・

参加していただいたみなさんのために、もっともっとたくさんのことをお伝えしたかったのですが、
限り有る時間の中でどれだけ吸収していただけたか・・・

セミナーに参加いただいたかたがこのコラムを読んでくれていることを願いながら、
また、参加していない住宅購入を考えている方にもわかりやすいように、
資金計画の補足説明をしたいと思います。

住宅購入を考えたとき、多くの方が一番きにするのが「住宅予算」です。

私の考え方は「月の手取りの25%以内」です。
「手取り」を基準に考えてくださいね。

もし、住宅ローン以外にローンを組んでいたら、その金額も含めて25%以内です。
ですから、自動車や奨学金などの支払いがあるようでしたら、そちらを完済してから住宅購入を考えることをおすすめします。
しかし、本来は住宅以外のローンは組まなくても済むようにしっかりした人生設計を立てることが大切です。

ボーナスの支払いは基本的には考えません。
今の経済状況の中、いきなりボーナスがなくなってしまうことだってありえますから・・・

ボーナスがある方は、手取りの25%を将来のメンテナンス費用として積み立てておくことを考えましょう。

では、手取りの25%でいくらのローンを組むことが出来るのでしょうか?
ネットで調べると色々な住宅ローンの試算サイトがあります。

このサイトは結構使いやすいです。
住宅保証機構 住宅ローンシュミレーション

試算をするときに気を付けないといけないことは、金利を低く設定しないことです。
借りようと思っている期間(35年とか30年とか)に対して固定金利で3%で試算した金額を目安にすると無理がないと思います。

ちなみに最近の金利状況は
住宅金融普及協会 住宅ローン商品金利情報
で確認できます。

しかし、この情報の中には、保証料や手数料の情報が含まれていませんので、
実際にはこのHPの金利情報だけで判断するのではなく、きちんと店舗に足を運び正しい情報を確認することが大切です。

あくまでも参考程度と考えてくださいね。

見てもらうとわかりますが、変動金利ですと、現在1%を切っている銀行もあります。
この金利で試算をすれば借りることのできる金額は増えますが、
住宅ローンを支払っている長きにわたってこの低金利が続くかどうかは誰にもわかりません。
それに、変動金利はその仕組みがわかりづらくリスクも大きくなります。

自分がゆとりをもって返していける金額は、
月の手取りの25%以内
試算するときは全期間固定3%で考える

※実際に住宅ローンを組むときは、みなさんのライフスタイルを考えて選びましょう。

試算して出た金額に頭金を足した金額が住宅予算として使える金額です。

頭金は住宅予算の2割以上用意する必要があります。

なぜ2割以上必要なのか書いていると長くなるので、またいづれ別の機会に書きたいと思いますが、
頭金0での住宅購入は、かなりのリスクがあることだけは覚えておいてくださいね。

この住宅予算で家を購入しても大丈夫かどうかは
5月17日のコラム
「マイホームが欲しいと思ったらまず最初にすること」
で書いている「人生設計」をきちんと作成していれば判断することができます。

今は大丈夫だと思っても、長い人生の中で起こるイベントは家族によって違いますよね。
例えば、お子さんの人数が違えば教育費は大きく違ってきます。

と言うことで、幸せな家づくりのためには

人生設計⇒資金計画⇒住宅計画

という手順が必要です。

住宅計画の部分については、私の先にお話いただいた
大田麻美講師のお話がとても参考になります。
また9月にも開催が予定されていますから、今回聞き逃してしまった人は次回参加いただくことを強くお薦めします。

家は人生で一番高い買い物です。
何千万円というお金を支払うわけですが、
住宅ローンを組めば、購入金額の1.5倍位を金融機関に払うことになると覚えておいてください。

例えば、2,000万円の家をローンを組んで購入すれば、諸経費や住宅ローンを考えると
3,000万円以上を支払うことになるでしょう。

人は買い物をするとき、そのものがその金額以上の価値があるとおもうから買うわけですよね。

1万円のものに1万円の価値を感じなければ購入しません。

逆に1万円のものに対して1万円以上の価値を感じることができれば、とても幸せな買い物をしたという気分になりますよね。

家はとても高い買い物です。
その家を購入したことで、家族みんなが幸せになることができればその購入価格以上の価値を感じることができることでしょう。

しかし、カツカツの生活でローンのために働いている、無理な節約をしなくてはいけないと言うのでは
その高い買い物の価値を十分に感じることができないかもしれません。

幸せな家づくりのためには、繰り返しになりますが

人生設計⇒資金計画⇒住宅計画

この手順が必ず必要です。
何の計画もない人と比べると、かなり大変な手順になりますが、
これをきちんとやった人とやっていない人とでは
その家づくりにとても大きな差が出ると思います。

目先の事実だけを考えるのではなく、長い人生全体を考えることが大切です。

家づくりを考える全ての人が、幸せな家づくりができることを切に願っています。

この記事を書いたプロ

合同会社エベッサコンサルティング

ファイナンシャルプランナー 北村きよみ

長野県長野市南石堂町1323-9 エベッサビル3F [地図]
TEL:080-2061-9009

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
個人向けサービス
イメージ

お金の不安や疑問はありませんか?お金の疑問や不安を解決することは、人生を安心で豊かにする第一歩です。お気軽にご相談ください。いきなり相談は・・・と...

企業向けサービス

企業・団体向けでセミナー・ワークショップおこないます。既存・新規のお客様向けに従業員の人生の満億度を上げるための福利厚生の一環としてとても喜ばれる内容...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
エベッサコンサルティング 北村きよみ

豊かで幸せな人生のためのトータルなマネーアドバイス(1/3)

 人生における幸せをお金で買うことはできません。しかし、お金があれば、もっと幸せに暮らせるはず…と、多くの人は考えます。「だからといって、お金がたくさんあれば幸せかといえば、必ずしもそうではありません。大切なのは使い方なのです」と、ファイナ...

北村きよみプロに相談してみよう!

信濃毎日新聞 マイベストプロ

女性の収入UPと家計の節約 両面から幸せをサポート

会社名 : 合同会社エベッサコンサルティング
住所 : 長野県長野市南石堂町1323-9 エベッサビル3F [地図]
TEL : 080-2061-9009

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-2061-9009

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

北村きよみ(きたむらきよみ)

合同会社エベッサコンサルティング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

「教育費」 安心できる貯蓄ラインは? でも貯められない時の手段も知っておく

Q:何が決め手で参加しようと思いましたか? A:教育資金に...

U.Hさん他
  • 女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
お金の相談を当たり前にしたい・・・と思ってます。
イメージ

☆目指せ!!世帯年収700万円(^_^)/・・・あるいはまるで700万円のような暮らし方のご提案☆節約と収入UP...

[ ひとりごと ]

サンプル家族で考える年間100万円貯まる家計改善

お金の使い方と働き方のハッピーアドバイス♪ ハピネスマネーアドバイザー&人生設計士の 北村きよみ です。...

[ 子育て家族のための家計管理と節約 ]

お金の講座開きませんか?
イメージ

先日、子育て中のお母さんを対象にした勉強会で、お金についてお話をしてきました。なんとなくお金に対す...

[ 子育て家族のためのお金の話 ]

未来家計簿~働くことをお金の面から考える

9月16日、マムズスタイルさんの主催する勉強会に講師として参加しできました。マムズスタイルさんのブログ講...

[ 子育て家族のための人生設計 ]

教育資金の貯め方

本日付(9月10日)の信毎「財布のミカタ」は“教育資金の貯め方”でした。そこで、今回は銀行口座を使った積立で上...

[ 教育資金 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ