コラム

2013-10-30

生涯にかかるお金を把握する~住宅資金編

2週にわたり老後にかかる資金・教育にかかる資金についてお話しました。

どちらも上を見ればきりがありません。

大切なのは
今の収入や生活レベルを考慮して、いくらなら準備が可能なのか早い段階から考えておくことです。


今日は人生の3大資金の3つ目

住宅資金について


住宅資金も上を見ればきりがありません。

ですが収入が決まっている以上は、、一生涯で使える住宅資金は決まっています。

目先のことにとらわれずに、長い人生全体の幸せのために、住宅資金について考えましょう。


まず住宅資金を考える前に、住宅について家族で考える必要があります。


現在賃貸の方は、

   このままずっと賃貸なのか

   何年後かにはマイホームを購入するのか

   何年後かには実家に入るのか

きちんと考えておかなければ、将来の見通しがつきません。

ずっと賃貸なら、老後の必要資金に『家賃』を考えないといけないですよね。

将来実家に入るとしても、リフォームが必要になりますよね。

「我が家はマイホームは購入しないから、住宅資金は関係ない」

ということはないのです。


現在マイホームを建築中、あるいはすでにマイホームを購入済みの方は、

住宅ローンだけではなく、固定資産税、将来のリフォーム代も考えないといけません。

また、老後はどうするのかと言うことも考えておく必要があります。

“子どもが大きくなったら、大きな家は使いづらいから、今の家を売って、マンションに引っ越す”
ということだって考えられます。

住宅ローンの組み方で老後の資金に影響が出ることだってあります。

40歳で35年ローンを組めば、ローンを完済するのは75歳です。

早い段階で、繰上げ返済をして65歳までに払い終わる計画を立てるか、
そのままずるずる払い続けるかでは、将来の設計図が大きく変わってきます。


ゆとりある住宅資金の考え方は、何度かコラムで書いています。

これからマイホームを考えている方は、参考にしてください。
幸せな家づくりのポイントは『人生設計⇒資金計画⇒住宅計画』


以前のコラムでは手取りの25%を基準に住宅資金を考えています。

今回はちょっと視点を変えて、人生でかかるお金から住宅資金を考えてみたいと思います。


今回も
Aさん35歳 妻 30歳、4歳と2歳の子どもという家族で考えて見ます。


Aさんは、現在手取りが25万円です。
ボーナスが2ヶ月分×2回出ますので、年間の手取りは約400万円です。

今後多少なりとも収入が上がっていくことを考えると、
65歳の定年までに約15,000万円の収入がある計算です。

生涯にかかるお金を把握する~1
http://mbp-shinshu.com/mamafp/column/731/

で、Aさんは老後の資金として1600万円を用意したいと思っています。

そして、
生涯にかかるお金を把握する~教育資金編
http://mbp-shinshu.com/mamafp/column/753/

で、教育費としては、貯蓄も含めて2600万円必要だと考えています。

老後資金と教育資金で4200万円は必要になります。


これ以上にかかるのが生活費です。

現在は生活費やお小遣いで15万円かかっています。

その他、レジャーも含め年間の定期的な出費が20万円ほどあります。

年間200万円の出費になります。

出費も子どもが大きくなったり、物価の上昇により増えていきますから、
それを考慮すると、65歳までで約6200万円の支出がある計算です。

先ほどの老後の資金、教育資金と生活費を合計すると、
10400万円になります。

15,000万円の収入があるわけですから、残りの4,600万円は住宅予算に使ってもいいのでしょうか?

長野に暮らす場合、自動車は必需品です。
家電だっていつかは壊れますよね。

そう考えると、別に1,000万円ほどは必要と考えたほうがいいでしょう。

ですから、住宅に使える予算は3,600万円となります。

ここで、間違えても3,600万円を銀行から借りることがないように・・・

これは、家を購入すればかかる固定資産や、住宅ローンの金利や、将来かかるメンテナンス費など
家にかかる費用を全て考えた金額です。

固定資産が65歳までで300万円、将来のメンテナンス費で300万円を考えると、
住宅費用とローンの金利で3,000万円は使っていい計算です。

月々7万円のローンをAさんが定年までの30年間固定金利で組むことができます。

金利を2.5%で考えると、約1,770万円は借りることができそうです。


これは住宅資金のひとつの考え方です。

   今の家賃と同じなら・・・とか

   このくらいなら払っていけそうだから・・・

と言った全く計画性のない住宅購入は危険です。


老後資金、教育資金、住宅資金と難しいことを書いてきましたが、

大切なことは人生設計です。


行き当たりばったりで人生を過ごしていくのは気楽だし、その時は楽しいですよね。

でも今、子どもの教育資金や老後の生活に不安を感ていたり、
マイホーム取得もどうするか悩んでいるのでいたりするのであれば、
一生涯を考えたライフプランを考える必要があります。

老後資金、教育資金、住宅資金等をトータルでみなさん自身が考えることは、とても大変です。

そんなときはぜひ専門家にご相談ください。

お金の相談にお金を払う。
その効果は計り知れませんよ。

できること表

この記事を書いたプロ

合同会社エベッサコンサルティング

ファイナンシャルプランナー 北村きよみ

長野県長野市南石堂町1323-9 エベッサビル3F [地図]
TEL:080-2061-9009

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
個人向けサービス
イメージ

お金の不安や疑問はありませんか?お金の疑問や不安を解決することは、人生を安心で豊かにする大一歩です。お気軽にご相談ください。◆お金の何でも相談室...

企業向けサービス

企業・団体向けでセミナー・ワークショップおこないます。既存・新規のお客様向けに従業員の人生の満億度を上げるための福利厚生の一環としてとても喜ばれる内容...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
エベッサコンサルティング 北村きよみ

豊かで幸せな人生のためのトータルなマネーアドバイス(1/3)

 人生における幸せをお金で買うことはできません。しかし、お金があれば、もっと幸せに暮らせるはず…と、多くの人は考えます。「だからといって、お金がたくさんあれば幸せかといえば、必ずしもそうではありません。大切なのは使い方なのです」と、ファイナ...

北村きよみプロに相談してみよう!

信濃毎日新聞 マイベストプロ

女性の収入UPと家計の節約 両面から幸せをサポート

会社名 : 合同会社エベッサコンサルティング
住所 : 長野県長野市南石堂町1323-9 エベッサビル3F [地図]
TEL : 080-2061-9009

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-2061-9009

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

北村きよみ(きたむらきよみ)

合同会社エベッサコンサルティング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

不安が取れました

【5ヶ月になる男の子を持つお母さんからのご相談です。】 ...

Mさん
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
お金の相談を当たり前にしたい・・・と思ってます。
イメージ

☆目指せ!!世帯年収700万円(^_^)/・・・あるいはまるで700万円のような暮らし方のご提案☆節約と収入UP...

[ ひとりごと ]

サンプル家族で考える年間100万円貯まる家計改善

お金の使い方と働き方のハッピーアドバイス♪ ハピネスマネーアドバイザー&人生設計士の 北村きよみ です。...

[ 子育て家族のための家計管理と節約 ]

お金の講座開きませんか?
イメージ

先日、子育て中のお母さんを対象にした勉強会で、お金についてお話をしてきました。なんとなくお金に対す...

[ 子育て家族のためのお金の話 ]

未来家計簿~働くことをお金の面から考える

9月16日、マムズスタイルさんの主催する勉強会に講師として参加しできました。マムズスタイルさんのブログ講...

[ 子育て家族のための人生設計 ]

教育資金の貯め方

本日付(9月10日)の信毎「財布のミカタ」は“教育資金の貯め方”でした。そこで、今回は銀行口座を使った積立で上...

[ 教育資金 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ