コラム

 公開日: 2014-01-18  最終更新日: 2014-11-18

中小企業にとっての知的財産権…Ⅳ

時代と知的財産

 「知的財産」の相対的価値は時代と共に変化します。したがって、我々も時代と共に「知的財産」に対する価値観を変える必要があります。
 例えば、カメラ(写真機)が無い時代では、写真機の原理を思いついただけでも基本技術に関する、いわば「大発明」になるでしょう。
 一方、カメラも時代の進展とともに改良されていきます。最初は、少しでも奇麗に写るように、フィルム材料の変更やシャッタ機構の改善などが行われるかもしれません。これらの改善は大発明とはいえませんが、「中発明」に位置付けられます。
 そして、小型化や軽量化、さらには、低価格化などの改良が行われるでしょう。これらの技術は、高度成長期に日本の御家芸といわれてきました。もちろん、今でもこの点は衰えていません。これらは「中発明~小発明」といえます。
 この後、カメラは商品として成熟し、どのメーカーのカメラでも奇麗に写せるという点では90点以上をクリアするとともに、携帯しやすさ、操作しやすさ、さらにはファッション性としての位置付けなど、僅かな改良をはじめ、デザイン要素やネーミング要素までも、その商品の価値を決定する重要な要素になってきます。これらは、「微発明」といってもよいかもしれません。
 今の時代、まさに成熟期に入っている商品が沢山あります。中小企業にとって、「大発明」の創出は容易でないかもしれません。しかし、視点を変えれば、「微発明」などは有力かつ得意にできるビジネス対象になります。「微発明」が商品の価値を握っている大きな要素であるとすれば、今まで以上に中小企業や起業者の出番があるといえます。加えて、今は、インターネット環境が進歩し、多様な販売戦略を立てることもできます。ビジネスを成功させるには、常に時代に対応する柔軟な思考こそがその鍵になると思っています。

この記事を書いたプロ

みらい国際特許事務所 長野オフィス [ホームページ]

弁理士 下田茂

長野県長野市緑町1393-3 富士火災長野ビル5階 [地図]
TEL:026-228-3828

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
無料相談/無料講習

・長野オフィスでは、知的財産に関する相談については常時無料で行っていますので、お気軽にご相談下さい。・また、一般社団法人長野県発明協会(http://n-hatsumei.j...

料金/東京オフィス

 ◎ 長野オフィスの基本料金は、弁理士手数料が自由化される直前に設定されていた日本弁理士会の規定料金(手数料標準額表)に対して、概ね20%程度低く設定していま...

 
このプロの紹介記事
みらい国際特許事務所 長野オフィス 下田 茂

アイデアを特許にしたい、商品名を登録商標にしたい、などに対しトータルでサポートします(1/3)

 弁理士の中心的な仕事は、発明者や創作者に代わって特許を取得したり商標やデザインを登録すること。広く強い権利を獲得することが求められ、決して派手な仕事ではありませんが、発明者や創作者を守るための重要な仕事です。有名な発明家エジソンも、弁理士...

下田茂プロに相談してみよう!

信濃毎日新聞 マイベストプロ

通算30年以上の経験。1500件以上の特許を成立。

事務所名 : みらい国際特許事務所 長野オフィス
住所 : 長野県長野市緑町1393-3 富士火災長野ビル5階 [地図]
TEL : 026-228-3828

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

026-228-3828

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

下田茂(しもだしげる)

みらい国際特許事務所 長野オフィス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
偶然は必然,必然は偶然?
イメージ

 今年8月のコラム(今回の3回前)で「「真空」は本当に無なのか?」について書きました。そしたら、なんと、...

[ 一息 ]

地方企業を活かす知財戦略…(19)
イメージ

 ビジネスサイクルと知財サイクルは車の両輪  今回は、ビジネスサイクルと知財サイクルの関係、特に、二つの...

[ 地方企業と知的財産 ]

地方企業を活かす知財戦略…(18)
イメージ

 知的財産権の利用の仕方[Ⅲ]…リバース的利用  前回までの利用の仕方については、「自分(自社)の所有する...

[ 地方企業と知的財産 ]

 「真空」は本当に無なのか?
イメージ

 今年もお盆を過ぎました。時間の経つのが速いです。このへんで知財から離れてチョッと一息つきたいと思います...

[ 一息 ]

地方企業を活かす知財戦略…(17)
イメージ

 知的財産権の利用の仕方[Ⅱ]…ソフト的利用(ⅱ)  今回は、前回書いた知的財産権のソフト的利用の続きです。...

[ 地方企業と知的財産 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ