コラム

2014-09-13

ベンチャービジネスと知的財産…Ⅴ


ベンチャー企業と知財サイクル

 ベンチャービジネスとして新たに起業する場合、新たなビジネスは、いわば弱々しいヒヨコにすぎません。したがって、外敵により簡単に襲われてしまう危険性も十分にあります。通常、このような外敵はヒヨコのようなビジネスであれば、難無く飲み込んでしまう力、具体的には、資金力,製造能力,ネットワーク(営業力),ブランド力等を持っています。
 そこで、自己のビジネスを守る防衛具或いは武器として「知的財産権」が存在します。自己のビジネスを外敵から守ることができれば、ビジネスを安心かつ安定に続けることができます。つまり、外敵に対してビクビクしながら或いは攻撃に必死で戦いながらビジネスを続けるのではなく、知的財産権により、外敵を排除したり、商品等の付加価値アピール或いは会社の信用力強化等に「利用(活用)」し、収益の上積みが可能になります。
 一方、知的財産権により「保護」され、また、「利用」しているといっても安心はできません。外敵もただ手を拱いて見ているわけではなく、何とか防衛具を打ち破る代替物ができないものか必死で頭を絞っているかもしれません。ここに「知財サイクル」の考え方が必要になります。
 知的財産権に基づく保護及び利用によって上乗せできる収益部分は余裕資金として確保できるため、新たな「創造」のために投資できます。この投資先は改良品でもよいし、新商品(新ビジネス)でもよいでしょう。そして、ここで発生する新たな成果物が、再び「知財」として保護の対象にできます。つまり、「保護」→「利用(活用)」→「創造」→「保護」→「利用(活用)」…の正スパイラルによる知財サイクルが生じ、ビジネスの進化(強化)及び継続が可能になります。
 このように、知財制度は、自分よりも強い外敵に対して、自分を守る制度であり、本来は大企業よりもベンチャー企業等の中小企業のための制度です。知財は日常のちょっとしたヒラメキや改良から生まれます。立派な研究施設等から生まれるだけではありません。
 日本には400万程度の中小企業が存在し、全企業の99%以上を占めています。よく中小企業は技術力はあるが競争力がないといわれます。この競争力の源となるのが、権利に守られた「知財」です。ベンチャー企業を含む中小企業にとって、経営者の知財に対する正しい認識と活用が企業の進路をも直接左右する重要な経営事項の一つになると思っています。

この記事を書いたプロ

みらい国際特許事務所 長野オフィス [ホームページ]

弁理士 下田茂

長野県長野市緑町1393-3 富士火災長野ビル5階 [地図]
TEL:026-228-3828

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
無料相談/無料講習

・長野オフィスでは、知的財産に関する相談については常時無料で行っていますので、お気軽にご相談下さい。・また、一般社団法人長野県発明協会(http://n-hatsumei.j...

料金/東京オフィス

 ◎ 長野オフィスの基本料金は、弁理士手数料が自由化される直前に設定されていた日本弁理士会の規定料金(手数料標準額表)に対して、概ね20%程度低く設定していま...

 
このプロの紹介記事
みらい国際特許事務所 長野オフィス 下田 茂

アイデアを特許にしたい、商品名を登録商標にしたい、などに対しトータルでサポートします(1/3)

 弁理士の中心的な仕事は、発明者や創作者に代わって特許を取得したり商標やデザインを登録すること。広く強い権利を獲得することが求められ、決して派手な仕事ではありませんが、発明者や創作者を守るための重要な仕事です。有名な発明家エジソンも、弁理士...

下田茂プロに相談してみよう!

信濃毎日新聞 マイベストプロ

通算30年以上の経験。1500件以上の特許を成立。

事務所名 : みらい国際特許事務所 長野オフィス
住所 : 長野県長野市緑町1393-3 富士火災長野ビル5階 [地図]
TEL : 026-228-3828

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

026-228-3828

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

下田茂(しもだしげる)

みらい国際特許事務所 長野オフィス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
地方企業を活かす知財戦略…(18)
イメージ

 知的財産権の利用の仕方[Ⅲ]…リバース的利用  前回までの利用の仕方については、「自分(自社)の所有する...

[ 地方企業と知的財産 ]

 「真空」は本当に無なのか?
イメージ

 今年もお盆を過ぎました。時間の経つのが速いです。このへんで知財から離れてチョッと一息つきたいと思います...

[ 一息 ]

地方企業を活かす知財戦略…(17)
イメージ

 知的財産権の利用の仕方[Ⅱ]…ソフト的利用(ⅱ)  今回は、前回書いた知的財産権のソフト的利用の続きです。...

[ 地方企業と知的財産 ]

地方企業を活かす知財戦略…(16)
イメージ

 知的財産権の利用の仕方[Ⅱ]…ソフト的利用(ⅰ)  前回、知的財産権の利用の仕方としてハード的利用について...

[ 地方企業と知的財産 ]

地方企業を活かす知財戦略…(15)
イメージ

 知的財産権の活用の仕方(Ⅰ)…ハード的利用  前々回のコラムで、知的財産権は「利用」してこそ生きるものと...

[ 地方企業と知的財産 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ