コラム

 公開日: 2014-12-20  最終更新日: 2015-12-27

地方企業を活かす知財戦略…(2)

小規模だからこそ知財戦略

 前回、コスト「戦争」に巻き込まれないためにも、実質的な独立型企業に転換し、知財を武器にすることの重要性について書きました。製造業における独立型企業とは、他社にはないオリジナリティのある技術(知財)を所有し、技術力において優位に立てる企業を意味し、開発型企業と言い換えることができます。
 ところで、中小企業が多い地方企業が技術面で自立し、知財を活用するといっても、大企業が圧倒的に有利となるビジネスシーンでの戦いはどう対処すればよいのでしょうか。
 映画の中では、大群の敵を小人数の戦士が打ち負かすシーンがよく出てきます。この場合、小人数の戦士がいくら強いからといっても、大群に対して正面から戦略のないまま戦いに臨んでも現実的には打ち負かすことは難しいでしょう。したがって、小人数の戦士側には必ずといってよいほど大群に打ち勝つための秘策、つまり、戦略が潜んでいます。
 ビジネスでも同じです。特許等(知的財産権)は、法律上与えられる平等な権利です。大企業の所有する特許等であっても中小企業の所有する特許等であっても権利としての強さ(効力)は全く同じです。つまり、同じ銃(特許等)を持つことになります。ところが、現実には、一つの商品に対して、大企業は、何十丁,何百丁もの銃で守ることができますが、中小企業は数丁程度の銃になってしまいます。これでは、正面からまともに戦ってもビジネス上の成功には覚束きません。したがって、大企業以上の、「中小企業だからこそ」の知財戦略が必要になります。
 さて、中小企業にとっての知財戦略とは具体的に何を意味するのでしょうか。基本的には、知財を中心に据え、その戦略的な活用を意味しますが、現実には個々の企業が置かれる状況は異なり、個々の企業毎に個別に戦略を立てる必要があります。このため、原則的には、我々弁理士による知財コンサルティングを活用しつつ戦略を練ることが望ましいと思います。
 一方、特許等を所有していない中小企業も少なくありません。したがって、所有するだけでも大きな前進につながると思います。この際、特許等は「コスト」の問題ではなく「投資」の問題として捕らえ、その積極的活用に経営戦略上重要な価値があると認識することが重要です。
 下のグラフは、中小企業庁発行の中小企業白書2009年度版からの一部引用です。特許の保有企業と非保有企業の従業員一人当たりの営業利益を示しています。

 特許の保有企業の方が業績を大きく延ばしています。もし、特許を保有しているにも拘わらず業績に結びついていないとすれば、十分な戦略がとられていないか、或いは重要な何かを見落としている、といったことがあるかもしれません。

この記事を書いたプロ

みらい国際特許事務所 長野オフィス [ホームページ]

弁理士 下田茂

長野県長野市緑町1393-3 富士火災長野ビル5階 [地図]
TEL:026-228-3828

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
無料相談/無料講習

・長野オフィスでは、知的財産に関する相談については常時無料で行っていますので、お気軽にご相談下さい。・また、一般社団法人長野県発明協会(http://n-hatsumei.j...

料金/東京オフィス

 ◎ 長野オフィスの基本料金は、弁理士手数料が自由化される直前に設定されていた日本弁理士会の規定料金(手数料標準額表)に対して、概ね20%程度低く設定していま...

 
このプロの紹介記事
みらい国際特許事務所 長野オフィス 下田 茂

アイデアを特許にしたい、商品名を登録商標にしたい、などに対しトータルでサポートします(1/3)

 弁理士の中心的な仕事は、発明者や創作者に代わって特許を取得したり商標やデザインを登録すること。広く強い権利を獲得することが求められ、決して派手な仕事ではありませんが、発明者や創作者を守るための重要な仕事です。有名な発明家エジソンも、弁理士...

下田茂プロに相談してみよう!

信濃毎日新聞 マイベストプロ

通算30年以上の経験。1500件以上の特許を成立。

事務所名 : みらい国際特許事務所 長野オフィス
住所 : 長野県長野市緑町1393-3 富士火災長野ビル5階 [地図]
TEL : 026-228-3828

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

026-228-3828

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

下田茂(しもだしげる)

みらい国際特許事務所 長野オフィス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
偶然は必然,必然は偶然?
イメージ

 今年8月のコラム(今回の3回前)で「「真空」は本当に無なのか?」について書きました。そしたら、なんと、...

[ 一息 ]

地方企業を活かす知財戦略…(19)
イメージ

 ビジネスサイクルと知財サイクルは車の両輪  今回は、ビジネスサイクルと知財サイクルの関係、特に、二つの...

[ 地方企業と知的財産 ]

地方企業を活かす知財戦略…(18)
イメージ

 知的財産権の利用の仕方[Ⅲ]…リバース的利用  前回までの利用の仕方については、「自分(自社)の所有する...

[ 地方企業と知的財産 ]

 「真空」は本当に無なのか?
イメージ

 今年もお盆を過ぎました。時間の経つのが速いです。このへんで知財から離れてチョッと一息つきたいと思います...

[ 一息 ]

地方企業を活かす知財戦略…(17)
イメージ

 知的財産権の利用の仕方[Ⅱ]…ソフト的利用(ⅱ)  今回は、前回書いた知的財産権のソフト的利用の続きです。...

[ 地方企業と知的財産 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ