コラム

 公開日: 2016-11-19  最終更新日: 2017-01-08

偶然は必然,必然は偶然?


 今年8月のコラム(今回の3回前)で「「真空」はほんとうに無なのか?」について書きました。そしたら、なんと、月刊科学雑誌「ニュートン」の今月号(11月号)に、「真空は空っぽではない!「真空には何かが満ちている」」の特集が載っていました(写真:クリックで拡大)。
 普通であれば、月刊誌が先に発売(原因)→それを見たからコラムを書く(結果)の順番になると思いますが、逆になっています。以前、「結果が先-原因が後」もあり得ると書きましたが、同様のことが起きていると思います。
 もちろん、私は雑誌に関する情報は何も持っていません。8月発売の「ニュートン」にも、次回の特集の予告としての掲載はないと思います。加えて、私は「ニュートン」の雑誌を買うことはありません(さすがに今回は買ってしましたが(^_^;))。「偶然」書店に寄ったら「偶然」目に止まったものであり「偶然」の連鎖です。
 さて、こういう余りにも「偶然」すぎる出来事を目の当たりにしますと、「偶然」を乗り越え、人によっては、何かがある、例えば、「何かの予兆かも!」,「神様のお告げでは?」などと考える人もいると思います。
 もし、このような現象に、何かの法則に基づく因果関係が存在しているとすれば、この「偶然」は、まさに「必然」ということになります。結果的に、「偶然」も「必然」も境がわからなくなります。したがって、「偶然は必然,必然は偶然」も成立し得るのではと思っています。そして、この場合においても「時間の概念は存在しない」ことになります。
 要は、信じるか信じないかの問題となりますが、誰でも、人生の中で様々な出来事に遭遇します。そして、その出来事に対する捉え方はみんな違います。「偶然」と捉えて終わりにする人もいれば、何か「必然」に起きていると捉えてそれを信じる人もいます。男女の出会(結婚)が良い例かもしれませんね。
 言い方を変えれば、同じものであっても、それを「捨てる人」と「拾う人」がいるということになり、まさに、人生は自からが選んで行くことになります。
 人生で遭遇する出来事に対する「偶然」か「必然」かは、「神様のみが知る」ことであり、人が判断できるものではないかもしれません、別の言い方をすれば、人としてのエゴや欲を捨て、謙虚な心で物事を見つめることが最終的に最も良い結果に結びつくものと思っています。

この記事を書いたプロ

みらい国際特許事務所 長野オフィス [ホームページ]

弁理士 下田茂

長野県長野市緑町1393-3 富士火災長野ビル5階 [地図]
TEL:026-228-3828

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
無料相談/無料講習

・長野オフィスでは、知的財産に関する相談については常時無料で行っていますので、お気軽にご相談下さい。

料金/パートナー

 長野オフィスの基本料金は、弁理士手数料が自由化される直前に設定されていた日本弁理士会の規定料金(手数料標準額表)に対して、概ね20%程度低く設定しています...

 
このプロの紹介記事
みらい国際特許事務所 長野オフィス 下田 茂

アイデアを特許にしたい、商品名を登録商標にしたい、などに対しトータルでサポートします(1/3)

 弁理士の中心的な仕事は、発明者や創作者に代わって特許を取得したり商標やデザインを登録すること。広く強い権利を獲得することが求められ、決して派手な仕事ではありませんが、発明者や創作者を守るための重要な仕事です。有名な発明家エジソンも、弁理士...

下田茂プロに相談してみよう!

信濃毎日新聞 マイベストプロ

通算30年以上の経験。2000件以上の特許を成立。

事務所名 : みらい国際特許事務所 長野オフィス
住所 : 長野県長野市緑町1393-3 富士火災長野ビル5階 [地図]
TEL : 026-228-3828

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

026-228-3828

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

下田茂(しもだしげる)

みらい国際特許事務所 長野オフィス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
インターネットと知的財産権(1)
イメージ

 今は、PCのインターネットをはじめ、スマートホンの普及により、様々な時代的な変化が生じています。 個人...

[ 知的財産 ]

「思考生活」のすすめ
イメージ

 最近、一見普通に思える若者によって7才の女児が命を落としたり、元市会議員によって6才の女児が命を落とすな...

[ 一息 ]

農業と知的財産(3)
イメージ

 農業の知的財産として、農産物の品質を維持するブランド、更には農業における服装や農具等のオシャレ感やデザイ...

[ 知的財産 ]

農業と知的財産(2)
イメージ

 前回、農業のブランド力についてその重要性に触れました。今回、ブランド力以外の知的財産に目を向けたいと思い...

[ 知的財産 ]

農業と知的財産(1)
イメージ

 最近、農業が大きく変化しているように感じます。高齢化などによる農業人口の減少というマイナスの側面もありま...

[ 知的財産 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ