コラム

 公開日: 2017-01-07  最終更新日: 2017-01-09

知財雑感 … これでいいのか日本!

 あけましておめでとうございます。皆さんにとって本年もよい年でありますようにお祈り申し上げます。
 年初早々、センセーショナルなお寒いタイトルになりましたが、今回は、タイトルのとおり、現状における日本の課題についてです。前回のコラム中でも少し触れましたが、日本の特許出願件数がパッとしません。下のグラフ(出典:特許庁)は、主要国における年度毎の特許出願件数の推移を示しています。
 このグラフから分かるように、中国は急増中、米国も順調に増加しています。これに対して、日本は減少しています。2011年に対する2015年の伸び率は、中国がほぼ2倍に増加、米国が17%増加、日本は-7%と減少しているのが現実です。
 マラソンに例えた場合、日本は十数年前まで独走状態で先頭を走っていました。それが途中で米国に抜かれ、さらに、その後、中国に抜かれ、今は、中国が独走状態で先頭を走っています。そして、日本との差は急激に広がっています。
 国家レベルの「技術力」という観点からは危機的状態になっています。日本の現状については、質を高めた結果など理由はいろいろ言われています。しかし、特許出願件数は「技術力」のバロメータと言われている以上、現状の数値を素直にとれば、日本の「技術力」低下傾向は疑う余地がないと思います。
 日本は、中国や米国に比べ、小さな島国にすぎないため、農産物や鉱山資源を輸出してGNPを上げるには限界があります。
 海外から原料を輸入し、付加価値を付した工業製品等を海外に輸出してGNPを上げる技術立国と言われてきました。この付加価値に「知的財産」が含まれており、この付加価値は、“日本でなければできない”と言われるようにすること、つまり、この付加価値が他の国(人)に使われないように「知的財産」として保護すること、が日本の成長を確保する源(資源)になると思います。
 したがって、「知的財産」の重要性及び必要性の認識、いわば「知財マインド」を高めることは日本全体で共有すべき緊急的課題と思っています。
 このため、本年は、目標として、業務に支障を生じない範囲で、「知財マインド」を高めるための講習などもより積極的に取り組んで行きたいと思っています。
 なお、このための講習無料で行っています。ご希望の方はご遠慮なくお申し付け下さい。

この記事を書いたプロ

みらい国際特許事務所 長野オフィス [ホームページ]

弁理士 下田茂

長野県長野市緑町1393-3 富士火災長野ビル5階 [地図]
TEL:026-228-3828

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
無料相談/無料講習

・長野オフィスでは、知的財産に関する相談については常時無料で行っていますので、お気軽にご相談下さい。・また、一般社団法人長野県発明協会(http://n-hatsumei.j...

料金/東京オフィス

 ◎ 長野オフィスの基本料金は、弁理士手数料が自由化される直前に設定されていた日本弁理士会の規定料金(手数料標準額表)に対して、概ね20%程度低く設定していま...

 
このプロの紹介記事
みらい国際特許事務所 長野オフィス 下田 茂

アイデアを特許にしたい、商品名を登録商標にしたい、などに対しトータルでサポートします(1/3)

 弁理士の中心的な仕事は、発明者や創作者に代わって特許を取得したり商標やデザインを登録すること。広く強い権利を獲得することが求められ、決して派手な仕事ではありませんが、発明者や創作者を守るための重要な仕事です。有名な発明家エジソンも、弁理士...

下田茂プロに相談してみよう!

信濃毎日新聞 マイベストプロ

通算30年以上の経験。1500件以上の特許を成立。

事務所名 : みらい国際特許事務所 長野オフィス
住所 : 長野県長野市緑町1393-3 富士火災長野ビル5階 [地図]
TEL : 026-228-3828

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

026-228-3828

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

下田茂(しもだしげる)

みらい国際特許事務所 長野オフィス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
知財雑感 … コスト競争の末路
イメージ

 ヤマト運輸の値上げのニュースが報じられ、宅配便ドライバーの苛酷な現状が明らかになっています。 私などは...

[ 雑感 ]

知財雑感 … 「PPAP」の商標出願について
イメージ

 少し前ですが、ピコ太郎さんの「PPAP」の名称が、関係のない第三者企業により商標出願されていた事実が判明...

[ 雑感 ]

地方企業を活かす知財戦略…(20)
イメージ

 「知財マインド」を如何に醸成するか! ■ このシリーズも節目の20回になりました。今回は、今まで書いてき...

[ 地方企業と知的財産 ]

偶然は必然,必然は偶然?
イメージ

 今年8月のコラム(今回の3回前)で「「真空」はほんとうに無なのか?」について書きました。そしたら、なん...

[ 一息 ]

地方企業を活かす知財戦略…(19)
イメージ

 ビジネスサイクルと知財サイクルは車の両輪  今回は、ビジネスサイクルと知財サイクルの関係、特に、二つの...

[ 地方企業と知的財産 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ