コラム

 公開日: 2017-07-15 

知財雑感 … 「人マネ」はどこまで許されるか!

 最近、タイトルに関連する知財絡みのニュースが二件ほどありました。「コメダ珈琲店」が、自社の店舗の外観などに似ているとして和歌山市の会社を訴えていた裁判で和解が成立したニュースと、「小学館」が、自社から発行しているレシピ本のタイトルや写真素材等のカバーデザインが似ているとして「新星出版社」に販売中止を要請していた件で合意が成立したニュースです。
 「コメダ珈琲店」のケースでは、不正競争防止法に違反するとして裁判を起こしています。一方、「小学館」のケースは、単に申し入れをおこなったというだけで、特に、法律的な手続きを行ったわけではなさそうです。この「小学館」のケースについて考えてみます。
 一般に、本のタイトルやカバーデザインなどが似ていると判断した場合、著作権法違反として、販売中止を求めてもよいように思えるのですが、このケースの場合、「小学館」側は、著作権法違反ではないと判断したと思われます。見方を変えれば、販売中止を要請された「新星出版社」側も、仮に、「小学館」のレシピ本を参考にしてデザインした事実があったとしても、最終的に著作権法違反にはならないと判断、つまり、法律上は問題ないと判断し、発行に踏み切ったものと想像できます。
 著作権法によれば、例えば、デザインの場合、保護されるのはデザインの「表現」であり、デザインの「モチーフ」は保護されません。前掲の写真を例にとれば、弁当箱のユニークな配置などの「モチーフ」を真似たとしても、中のオカズの種類が異なった場合、「表現」が異なることになり、著作権法上は問題ないことになります。この場合のモチーフとは、デザインの基礎となるアイデアと思ってよいでしょう。
 ところで、このニュースに対する一般の人からのコメントを見ると、多くの人が「これはダメでしょ!」と見ており、ここに、法律と現実のギャップを感じます。
 著作者にとって、著作の中心には「モチーフ」が存在します。「表現」だけを変え、法律的には問題ないと判断しても、「モチーフ」のいわばパクリは、一般の人からも直ぐに見抜かれてしまいます。
 なお、「人マネ」が駄目といっているわけではありません。一部を人マネに頼ったとしても、他人のモノはあくまでも参考(ヒント)に留め、多くの部分で自分の思考を反映させることが、結果的に自分の力になり、ほんとうの意味で身に付いていくものと思います。
 「人マネ」は、少しであってもパクリの要素を秘めており、この要素についての程度の判断には、その人(会社)の見方が現れます。「人マネ」がどこまで許されるかは難しい問題ですが、法律と現実を見て適切に判断する必要があり、法律上は問題ないという安易な判断のみでは、結局、その人(会社)のイメージダウンや信用低下につながってしまいます。

この記事を書いたプロ

みらい国際特許事務所 長野オフィス [ホームページ]

弁理士 下田茂

長野県長野市緑町1393-3 富士火災長野ビル5階 [地図]
TEL:026-228-3828

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
無料相談/無料講習

・長野オフィスでは、知的財産に関する相談については常時無料で行っていますので、お気軽にご相談下さい。・また、一般社団法人長野県発明協会(http://n-hatsumei.j...

料金/東京オフィス

 ◎ 長野オフィスの基本料金は、弁理士手数料が自由化される直前に設定されていた日本弁理士会の規定料金(手数料標準額表)に対して、概ね20%程度低く設定していま...

 
このプロの紹介記事
みらい国際特許事務所 長野オフィス 下田 茂

アイデアを特許にしたい、商品名を登録商標にしたい、などに対しトータルでサポートします(1/3)

 弁理士の中心的な仕事は、発明者や創作者に代わって特許を取得したり商標やデザインを登録すること。広く強い権利を獲得することが求められ、決して派手な仕事ではありませんが、発明者や創作者を守るための重要な仕事です。有名な発明家エジソンも、弁理士...

下田茂プロに相談してみよう!

信濃毎日新聞 マイベストプロ

通算30年以上の経験。1500件以上の特許を成立。

事務所名 : みらい国際特許事務所 長野オフィス
住所 : 長野県長野市緑町1393-3 富士火災長野ビル5階 [地図]
TEL : 026-228-3828

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

026-228-3828

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

下田茂(しもだしげる)

みらい国際特許事務所 長野オフィス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
知財雑感 … AI時代の「知的な財産」
イメージ

 最近、新聞(ニュース)を見ても、「AI」や「IoT」など、時代を背景にした言葉が目に付きます。 「AI...

[ 雑感 ]

知財雑感 … 中小企業の特許出願が増加中
イメージ

 今年のはじめに書いたコラム「これでいいのか日本」の中で、日本の特許出願件数が中国や米国に比べて芳しくない...

[ 雑感 ]

知財雑感 … 知財保護に関する最近の動きから
イメージ

 特許庁(INPIT)は、今年の3月から「タイムスタンプ保管サービス」を開始しました。(A) ところで、...

[ 雑感 ]

偶然×偶然!
イメージ

 今は、ゴールデンウィークの真最中ですので、ここで一服したいと思います。少し前のコラムで、「偶然は必然, 必...

[ 一息 ]

知財雑感 … 「IoT」関連発明と特許
イメージ

 先月、特許庁からIoT関連発明に対する審査基準等の適用についての指針が公表されました。 ◇ IoT(Inte...

[ 雑感 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ