コラム

 公開日: 2017-04-12  最終更新日: 2018-03-14

体育館床滑り止めワックスが適さない理由

施工事例と共にワックスが適さない理由を書かせていただきました



■施工場所 東京都内体育館床スポーツフロアー

具体的な現場の内容になります。

■ 施工内容 体育館床ウレタン仕上げ塗装(研磨塗装・各種コートライン引き・床金具点検)
■ 目的 体育館のフロアーコンディションを改修工事で、より良い状態に改善
■ 施工経緯いつものお客さまからのご依頼(都内工務店さま)

中学校体育館仕上げ塗装




本日は都内の中学校体育館仕上げウレタン塗装を行いました。
床研磨から始まった、工事も仕上げまで、間近です。
非常に暑い中、体育館は蒸し風呂状態でしたが、無事に最後まで塗装を終える事ができました。

この現場、ワックスメンテナンスを行っていたことで、フローリングの目地からワックスが侵入し反りを起こしていただけでなく、ワックスの塗り重ねによって厚くなった膜の部分的な剥離が原因となり斑(まだら)模様となっていました。

(斑(まだら)模様の原因は厚みが付いたワックスが、部分的に剥がれることで起こります。
実際、ワックスを掛ける際、フロアの汚れを落とさず塗り重ねが行われるので、透明さが失われ黒ずんいきます。
それが何回も行われるわけです。
厚みの着いた黒ずんだ膜が出来ていくことになります。
ワックスが体育器具の使用や運動競技によって剥がれると、本来の綺麗なフロアが部分的に見え、剥がれていない所は黒く汚いままなのです。
これでは、本来綺麗なハズのフロアがもったいないですね。しみじみ思います。)


『※ワックスを塗り重ねた所を剥いでいるようすです。色が違うのがわかりますよね。元のフロアはこんなに綺麗なんです』

また、滑りやすくなっていました。

ワックスは摩耗することによって滑りやすくなってしまいます。使用頻度が高い体育館ほど摩耗は早いです。
新築時の体育館にワックスを使用せず、ウレタン塗膜によって仕上ているのは、スポーツ競技者のことを考え、適切なグリップにしているからなのです。

こういったフロアの状態から、今回の研磨塗装工事になったのです。

工事の続きとしては、金曜日まで乾燥のための養生期間を設け、その後、スポーツフロア周りにゴムを入れて完了です。

完成後には、ワックスによるメンテナンスは行わず、清掃及び適切なメンテナンスによってフロアーコンディションを維持していくことになります。

つまり、今までのメンテナンスの在り方を見直さなければなりません。
今までのままだと、体育館床に滑り止めワックスを塗って一時的に滑り具合が改善するが、直ぐに滑りやすくなり、またワックス掛けを行うというメンテナンスを行うことになりますから。

ウレタン塗装によるメンテナンスを行うことをおすすめします。

『関連』スポーツ競技に適した、滑り具合の設計とは?なぜウレタ

施工完了後の維持管理について



『※何のメンテナンスも行ってこなかった体育館』

維持管理するうえで基本的なことは、清潔であること、床表面の光沢、グリップをスポーツ競技に適した状態で保持していくこと、破損個所を放置しないことになります。
当たり前のことのようですが、大切なことになります。

スポーツフロアーにワックスメンテナンスや水を多く使った清掃をおこなった場合、フローリング劣化の原因となります。
床改修して、きれいになった床でも、その後の維持管理が不適当であった場合には急速に床性能が衰えていくのです。

だからこそ、スポーツフロアーの維持管理は体育館の中で特に大切なものであるといえます。

コートラインプロでは各種冊子をご用意しています




コートラインプロのサイトでは、メンテナンスについて詳しく記載された冊子をお配りしています。

フロアコンディションを良好に維持管理していただくために、メンテナンスのあり方についてご理解を深めていただくことができます。
利用者のためにも、より良いコンディションを保っていきましょう。

『関連:体育館スポーツフロアメンテナンス冊子プレゼントしてい

関連記事



コートラインプロの施工レポート一覧(体育館床メンテナンス事例が盛りだくさん)

体育館床のメンテナンスは行っていますか?(フロアの適切なメンテナンスを詳しく掲載)

体育館床フローリングメンテナンスについて(体育館床メンテナンス商品のご紹介)

体育館床が滑りやすくなる理由とは⁉(滑り具合を表現する数値とは何か?フロアに求められる数値とは)

体育館 床 剥がれ ささくれは自分で補修できるの!?(フローリング不良ヵ所の張り替えについて解説)

体育館フローリングの伸び縮みの原因とは!?

この記事を書いたプロ

しろくまペイント(株式会社 霜鳥 塗装事業部) [ホームページ]

高橋春彦

長野県長野市若里1-27-2 [地図]
TEL:026-227-7063

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
高橋春彦 たかはしはるひこ

長年積み重ねてきた塗料の知識で、期待以上の顧客満足と安心を提供します(1/3)

 屋外・外装工事から床リフォーム、体育設備の工事、メンテナンスまで手がけるプロフェッショナル集団、株式会社霜鳥で働く高橋春彦さんは、この道28年という塗料のプロ。塗料販売店の営業マンを24年間務めたあと、平成19年、豊富な知識と経験を買われ...

高橋春彦プロに相談してみよう!

信濃毎日新聞 マイベストプロ

塗料を熟知しているからこそ予算内で一番いい選択ができます

会社名 : しろくまペイント(株式会社 霜鳥 塗装事業部)
住所 : 長野県長野市若里1-27-2 [地図]
TEL : 026-227-7063

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

026-227-7063

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高橋春彦(たかはしはるひこ)

しろくまペイント(株式会社 霜鳥 塗装事業部)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
長和町・屋根塗装事例(工場)

 長和町にて工場の金属屋根等の塗装工事を行っています。 現場についての詳しい内容です。施工地域長野...

[ 塗装 ]

長野市で漆喰(しっくい)補修・修繕工事

長野市で漆喰(しっくい)補修・修繕工事現調地域長野県長野市現調場所戸建て住宅室内現調内容漆喰壁の...

[ 施工事例 ]

長野市で雨樋が割れてしまう原因は何がある⁉
イメージ

 長野市で雨樋が割れてしまう原因は何がある⁉ 現調地域  長野県長野市現調場所  戸建て住宅南側雨...

[ 外壁塗装 ]

集合住宅内装工事(置床・乾式二重床)万協フロアー

集合住宅内装工事(置床・乾式二重床)万協フロアー庭の十月桜が花を咲かせ、信州の短い秋の訪れを知らせてく...

[ 施工事例 ]

フットサル場・スポーツフロア・コートライン引き工事

フットサル場・スポーツフロア・コートライン引き工事フットサル場床ライン引き工事スポーツの秋と意気込...

[ スポーツ施設部 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ