コラム

2014-04-11

瓦屋根の家は、暑いのか?~屋根裏事情

みなさんは、自分が住んでいる家の屋根裏(天井裏)がどうなっているかご存知ですか?
見たことがないという人は、押入れやクローゼットの中の天井に入口があることが多いのですが、マスク、上履き、カメラ、懐中電灯などを用意して、是非いちど覗いてみることをお勧めします。
木造ならば普段目にすることののない構造材がそこにはあり、天井が吊り下げられてつくられているつくりを目にすることができるかと思います。むやみに乗ると足が天井を突き抜けたり、ダウンライトと呼ばれる埋め込み式の照明器具を踏んでしまうのでご注意を。

一般的な屋根裏の状態

とある木造在来工法の家の屋根裏の様子
20~30年前の家は一般的にこんな感じになっています。
(普通は断熱材があるはずですが、時としてない場合もあります。)

ビニールの袋に入ったグラスウール断熱材が敷き並べられています。
この袋入り断熱材には実は表裏があり、銀色の面が外側(太陽に近い側)になるようにを向けます。これは外部の熱を跳ね返す役割を期待してのことです。

残念ながら時として逆向きに並べられていることもあります。↓

逆に敷かれた断熱材

屋根裏の気温は、夏には60℃以上に。真冬でも晴れた日であれば30℃近くある空間です。室内とも屋外ともいえない中間的な空間ですが、温熱環境的には当然屋外になります。

この空間は断熱材を敷く人と電気の配線があるので電気屋さんくらいしか実際には入りません。建築主や建築士(設計士)、場合によっては現場監督でさえ見たことがない空間になります。

雨漏りが発見されたり蜂の巣があったり、コウモリの住処になっていることがあり、住宅点検の第一歩は
「屋根裏をのぞく」になります。

夏の夜、寝室がいつまでも暑く寝苦しい
トタン屋根で、雨の音がうるさい

そんな場合は、断熱材が入っていないケースがほとんどです。

また、断熱材が敷き詰められていたとしても、壁の直上がこのように見えていると、部屋を暖めた熱がこの壁の中を通りぬけて屋根裏を暖房しているということがあります。

間仕切り気流

冬、あなたの家の屋根につららがたくさん出来るようであれば、屋根裏に暖房の熱が逃げ、屋根の裏面を暖め、屋根に乗った雪が融け、水となって軒先まで垂れてゆき結果的につららになっています。

よく「トタンの屋根の家は夏暑い。瓦の方が涼しい」ということを聞きます。屋根裏がきちんと断熱された建物であれば屋根裏の温度には関係しますが、部屋の温度にはほとんど関係してきません。

また屋根裏に適切にいくつかの換気用の窓があるでしょうか。
常時空気の入れ替えがなされなければ気温はどんどん上がり、結果的にすぐ下の部屋の温度も上がっていきますので、夜になってもいつまでも涼しくならない、ということになります。


換気窓

屋根裏覗きのツボ



①雨漏りがないか
②蜂の巣などがないか
③室内でせっかく温めた暖かい(涼しい)空気や熱が、屋根裏に逃げていないか
④屋根裏に風を感じる程度の換気があるか


屋根裏一般②
恐ろしいものを目にすることもしばしばです(笑)
しおはら住宅デザイン設計のブログ

この記事を書いたプロ

株式会社Reborn [ホームページ]

塩原真貴

長野県長野市稲里町田牧1327-7 [地図]
TEL:026-274-5485

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
手描きの図面にこだわると言う塩原さん

原価公開、既存住宅の改修で建築業界に切り込む。情熱を持った若きフロントランナー。(1/3)

 2011年4月に建築士事務所、しおはら住宅デザイン設計を設立した塩原真貴さん。現在、県内を中心に住宅の設計を手掛け、充実した日々を送る塩原さんですが、その道のりは決して平たんなものではありませんでした。 2011年3月8日。当時、塩原...

塩原真貴プロに相談してみよう!

信濃毎日新聞 マイベストプロ

分離発注による新価格の実現と予算に合わせた耐震・断熱改修工事

会社名 : 株式会社Reborn
住所 : 長野県長野市稲里町田牧1327-7 [地図]
TEL : 026-274-5485

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

026-274-5485

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

塩原真貴(しおはらまさき)

株式会社Reborn

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
こんなに違うの!?断熱サッシとガラスをどう選ぶ?
イメージ

 いろんなサッシがあり、いろんなガラスが組み合わされている 「サッシがどうもポイントらしい」そう一般...

[ 断熱改修・耐震改修の手順 ]

ここだけの話ですが、我が家は原発電力たくさん使ってました
イメージ

 今後電気料金は今後どうなってしまうか、誰にも分からない? 皆さんにも今月の電気料金の請求がきっと来てい...

[ 建築について ]

長野県 断熱リフォーム・耐震改修、ほんとにできるの?
床に断熱材をいれる

非常にとっつきにくい言葉です、「断熱改修」と「耐震改修」。より体感的に理解していただくために、なにかいい言...

[ 断熱改修・耐震改修の手順 ]

断熱改修・耐震改修 事前の調査による問題点の洗い出しが重大
断熱改修工事

調査はかなり念入りに行います。図面が残っていない場合も少なくありません。この場合、既存の図面を起こす作業が...

[ 断熱改修・耐震改修の手順 ]

やっときゃよかった、耐震診断・耐震改修
イメージ

地震活動期に入ったといわれて久しい、私たちが暮らす日本。5か月前に起こった熊本地震ではありますが、その記...

[ まずは耐震診断を。そして予防をしましょう ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ