コラム

 公開日: 2014-07-17 

夏をすこしでも過ごしやすくするために

梅雨明け間近、今年もやっぱり夏がやって参りました。

「地球温暖化の影響で、昔より気温がずいぶん上がっているでしょう。エアコンはもはや必須ですよ」
わたしたち建築に携わる技術者の間でも、そんな風に語られることが多くなりました。

私の実家は松本市にありますが、私はエアコンがない家で育ちました。だからなのか、今でもエアコンは苦手です。
そもそも「30℃を超える日なんて1年のうちに何日あるか」という感じでしたから扇風機があれば十分でしたね。

確かに私が子供のころは35℃なんて最高気温はありあえなかった。エアコンもやっぱり必要性を感じてしまいます。

でも本当に気温が、以前に比べてずいぶん上がっているのか?

まず、このことを気象庁のHPで調べてみました。
(松本市)
私が生まれた1973年の8月の平均気温は24.8℃
その20年後の1993年8月は22.1℃、
昨年2013年8月は25.5℃とあります。

年によって当然違いがあるものの総じて『気候そのものは、そんなに暑くなってるわけじゃない』
というふうに私は読み取りました。

でもホント暑い!なぜそう感じるのか?

・電力を使って冷房するということは、電気を熱に変換して外に放出するということである
・エアコンの使用で室内は適温にコントロールできるが、その分外はものすごい熱気
・コンクリートやアスファルトなど蓄熱する性質の物が、町中にかなり多い
・建物に、軒の出やひさし、雨戸など、日除けをする部品が建物に圧倒的に少ない

これって、どれも私たち建築士のせいじゃない?って思ってしまいます。

☒ 暑ければエアコン付ければいじゃない
☒ 断熱?そこそこでいいんだよ。エアコンで調整すればそっちの方が快適だよ
☒ ひさしとかつけるとカッコ悪くなっちゃうし。日除けはカーテンでいいよ
☒ 軒の出は坪単価に関係ないから短い方がいい(建築コストが下がるので)
☒ なんといっても総2階はコストパフォーマンスに優れているから、下屋のようなつくりは面倒ね。耐震上も疑問だよね

そんなふうに考えたら電力を節約できるはずもないですし、暮らしやすい家・住みやすい地域には絶対になりません。


下屋スタイルは日除け有効

昔の家は、下屋(げや)といって平屋の部分が家をぐるっと囲っており、その軒の出によって、夏の日除けを兼ねていました。
夏は太陽高度がとても高いので、窓の上に50cn程の屋根やヒサシがちょこっとあるだけで、窓からの日射はかなり遮ってくれます。また家の周りには緑が豊富で、通風によって蒸暑をしのいできました。
ここ30年間くらいの間に家の形は圧倒的に変わってしまったのです。

ひさし+すだれ

ひさし+すだれ(勝手口)



「夏は、窓を通して直射日光をできるだけ室内に入れないこと」
まずはこれを出来るだけ取り入れてみて下さい。


高断熱住宅と呼ばれる、断熱性能に優れたお宅にお住いの方は、私の家の窓の開け方も参考にしてみて下さい。
夜間開けておいた窓は朝8時前にはすべてを閉じます。カーテンがついている箇所は閉じます。
このとき室温はおおむね25℃。
日中外気温の上昇と共に室温もじわじわ上がってゆきます。外気温が34℃くらいで室温29℃くらいまで上昇します。
窓をあけ、風を入れたい衝動に駆られますがそこはじっと我慢します。(ガマンできないときはエアコンをON)
そうして夕方気温が下がってきて、子供たちが帰ってくるころ、窓を開けます。
防犯上、夜間窓を開けておいても大丈夫な窓の選定も大事ですね。

断熱性能が普通の家と窓の開閉の仕方が全然違う。
実はこのことはあまり知られていないようです。
私の自宅もエアコンは付いていますが、夏の期間で稼働させるのはのべ20時間程度です。


ひさし+すだれ

よしず

この記事を書いたプロ

株式会社Reborn [ホームページ]

塩原真貴

長野県長野市稲里町田牧1327-7 [地図]
TEL:026-274-5485

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

14

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
手描きの図面にこだわると言う塩原さん

原価公開、既存住宅の改修で建築業界に切り込む。情熱を持った若きフロントランナー。(1/3)

 2011年4月に建築士事務所、しおはら住宅デザイン設計を設立した塩原真貴さん。現在、県内を中心に住宅の設計を手掛け、充実した日々を送る塩原さんですが、その道のりは決して平たんなものではありませんでした。 2011年3月8日。当時、塩原...

塩原真貴プロに相談してみよう!

信濃毎日新聞 マイベストプロ

分離発注による新価格の実現と予算に合わせた耐震・断熱改修工事

会社名 : 株式会社Reborn
住所 : 長野県長野市稲里町田牧1327-7 [地図]
TEL : 026-274-5485

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

026-274-5485

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

塩原真貴(しおはらまさき)

株式会社Reborn

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
こんなに違うの!?断熱サッシとガラスをどう選ぶ?
イメージ

 いろんなサッシがあり、いろんなガラスが組み合わされている 「サッシがどうもポイントらしい」そう一般...

[ 断熱改修・耐震改修の手順 ]

ここだけの話ですが、我が家は原発電力たくさん使ってました
イメージ

 今後電気料金は今後どうなってしまうか、誰にも分からない? 皆さんにも今月の電気料金の請求がきっと来てい...

[ 建築について ]

長野県 断熱リフォーム・耐震改修、ほんとにできるの?
床に断熱材をいれる

非常にとっつきにくい言葉です、「断熱改修」と「耐震改修」。より体感的に理解していただくために、なにかいい言...

[ 断熱改修・耐震改修の手順 ]

断熱改修・耐震改修 事前の調査による問題点の洗い出しが重大
断熱改修工事

調査はかなり念入りに行います。図面が残っていない場合も少なくありません。この場合、既存の図面を起こす作業が...

[ 断熱改修・耐震改修の手順 ]

エコ住宅への建て替え・エコリフォーム、に補助金が決定^^
イメージ

速報です!国土交通省による予算請求であった、住宅ストック循環支援事業に補正予算が確定しました(10/11成立)...

[ 補助金 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ