コラム

2015-01-24

いったいこの家、どこが寒いのか?

目でその様子が分る(サーモグラフィーの活用)

「あぁ、サーモグラフィー欲しい・・・」現場でよく思っていました。
私たち断熱技術者にとってはかなり役立つものなのですが、いかんせん高額です!
20~30万円もするので仲間内で使いまわしたり、レンタルしたり・・・(T_T)
撮影した画像の保存もPCに接続しなければならず大変わずらわしいものでした。
FLIR ONE
しかし昨年、画期的商品がFLIR社(米国)から発売され、早速並行輸入し手に入れました。
”スマホに装着型”です。iphon5用ですが、これを機に、ついに私もスマホに乗り換えました(ほんとに笑)

室内外を問わずいろんなところを調査すると、その家の断熱の弱点やどのくらいの温度差が分布しているのか視覚的に分りやすく、正直おもしろい( ^)o(^ )
また住宅街を撮影すると断熱が良く効いている家(=つまり冬暖かい家)とそうでない家が一目瞭然!
かなり危険なシロモノです。

和室
ごく一般的な和室です。特に古いわけでもなく、断熱の弱点がそこにあろうとは誰にも分らないのですが、
”畳の床あたりからスースー冷たい風がでてるし、全然部屋が温まらない”
そんな時にこのスマホ装着型サーモグラフィーがあるとイッパツです!

床框部
床の間の段差付近から冷たい冷気が出ているのがわかります。
ここは「床框(とこがまち)」といって段差がある部分で、断熱不良がかなり起こりやすい場所です。
これを直すには床下に潜って断熱材を押し込んでも大抵の場合はダメで、いったんこの床の間の床を剥がさなくては抜本的解決になりません。
床の間をバラス、というのは金額的にも縁起的にもマズイ、ということでかなり抵抗がありますよね。
外気温は0℃、室内の温度計は20℃ですが、ここは12℃と8℃も温度差があります。

中間間仕切り壁
高さ的に中間の箇所。暖房のおかげで20℃程度にはなっていますが、コンセントがある箇所がやはり断熱不良。
床下からの冷気の出口をとなっていることが分ります。
またこの壁がブルーなのもNG。床下からの冷気が壁の中全体を駆け上がっている証拠です。

天井付近
天井付近は24℃。この部屋の上下で12℃もの温度差があることが判明しました。
これでは快適な空間には絶対になりません。
この部屋で机に座っていたならば、足元がスースー寒く、頭はすこしのぼせ気味になるはずです。

どんな断熱工法であっても、基本に忠実できちんと断熱・気密されているならば、こんなに大きな温度ムラは起きません。
サーモグラフィーでは、”こんなにレインボー”、にはならないはずです。

高断熱の家(私の自宅)を測定した記事を自社HPにて紹介しておりますので、あわせてご覧いただけるとおもしろいです。
Rebornホームページ・ブログ
こういうのが面白い、と思うこと自体おかしい、とよく言われるのですが・・・。

この記事を書いたプロ

株式会社Reborn [ホームページ]

塩原真貴

長野県長野市稲里町田牧1327-7 [地図]
TEL:026-274-5485

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
手描きの図面にこだわると言う塩原さん

原価公開、既存住宅の改修で建築業界に切り込む。情熱を持った若きフロントランナー。(1/3)

 2011年4月に建築士事務所、しおはら住宅デザイン設計を設立した塩原真貴さん。現在、県内を中心に住宅の設計を手掛け、充実した日々を送る塩原さんですが、その道のりは決して平たんなものではありませんでした。 2011年3月8日。当時、塩原...

塩原真貴プロに相談してみよう!

信濃毎日新聞 マイベストプロ

分離発注による新価格の実現と予算に合わせた耐震・断熱改修工事

会社名 : 株式会社Reborn
住所 : 長野県長野市稲里町田牧1327-7 [地図]
TEL : 026-274-5485

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

026-274-5485

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

塩原真貴(しおはらまさき)

株式会社Reborn

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
こんなに違うの!?断熱サッシとガラスをどう選ぶ?
イメージ

 いろんなサッシがあり、いろんなガラスが組み合わされている 「サッシがどうもポイントらしい」そう一般...

[ 断熱改修・耐震改修の手順 ]

ここだけの話ですが、我が家は原発電力たくさん使ってました
イメージ

 今後電気料金は今後どうなってしまうか、誰にも分からない? 皆さんにも今月の電気料金の請求がきっと来てい...

[ 建築について ]

長野県 断熱リフォーム・耐震改修、ほんとにできるの?
床に断熱材をいれる

非常にとっつきにくい言葉です、「断熱改修」と「耐震改修」。より体感的に理解していただくために、なにかいい言...

[ 断熱改修・耐震改修の手順 ]

断熱改修・耐震改修 事前の調査による問題点の洗い出しが重大
断熱改修工事

調査はかなり念入りに行います。図面が残っていない場合も少なくありません。この場合、既存の図面を起こす作業が...

[ 断熱改修・耐震改修の手順 ]

やっときゃよかった、耐震診断・耐震改修
イメージ

地震活動期に入ったといわれて久しい、私たちが暮らす日本。5か月前に起こった熊本地震ではありますが、その記...

[ まずは耐震診断を。そして予防をしましょう ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ