コラム

2013-08-30

住みながらの断熱改修工事は、どの程度ストレスがかかるか?(その①)

住みながらにして断熱リフォームを行う場合の注意ポイント①
「生活ゾーンと工事ゾーンをはっきり区別する」

ゾーン分け

キッチンやお風呂などの限定的なリフォームであれば、短期間でかつ工事範囲もはっきり区画できます。
家全体を断熱改修する場合、”部屋の内側から断熱するのか?” ”屋外側から断熱工事をするのか?”をまず検討します。
サッシの交換が必要な場合は、まず外側からの改修工事を検討します。壁の中に土壁などがある場合も外側からが原則です。
しかし、床や天井の断熱工事が必要な場合は、床下からの断熱工事が可能か?天井をはがずに、屋根裏からの作業が可能か?を念入りに調査します。
大抵の場合、床下の全域に移動できるほどにはなく、畳や既存のフローリングを解体撤去して床断熱をすることになります。
(あるいは床下をも室内としてしまう基礎断熱工法という選択もあります)
そうなるとやはり、きちんと家丸ごとを断熱改修するには、1階はほぼ全域、室内からの作業が必要となります。

近所や知り合いの元に、一時的に引っ越してもらうのが理想ですが、現実的にはなかなかそうもいきません。窓を開け放していても寒くない(暑くない)、春か秋の工事になることがほとんどです。

そして住みながらの改修工事は、生活者と家具や荷物が、部屋ごとに転々と移動しながら進んでいくことになります。つまり新築住宅のように、全体をまんべんなく徐々に完成に近づけていく工程ではなく、部屋ごと、あるいは風呂洗面トイレなどの水廻一帯とか、台所&食堂、といったふうにゾーン分けをして行うのが得策です。
仕上がった部屋に家具と人が移動して、前にいた場所を工事して完結していく、というやり方です。

和室

実はこのやり方、実際は出来そうでなかなかできません。
なぜか?
「思い通りに工事が進まないから」です。
剥がしてみないと分らない、材料が不足した、連絡していた業者が急きょ来れなくなった、
などいろいろな不都合が発生します。
これらを解消するにはどうしたらいいのか?

・計画段階で、事前の調査を念入りに行う
・経験豊富で臨機応変に対応できる大工を配置する
・「なり」で工事を進めるのではなく、材料搬入や職人の乗り込みタイミングを正確に落とし込んだ工程表を綿密に練り、手配しておく

工程表

・工事人と現場監督、建築主が綿密に連絡をとれる環境をあらかじめ構築しておき、コミュニケーションを継続してとる。時にはいっしょに食事をして、話す機会を設ける

BBQでコミュニケーション


生活者と工事人が交錯

とにかく事前の準備・段取りが命です。どれか1つでも欠けると、そこで生活している人は、不安になり、大変なストレスを受けることになります。
臭いや音、人間としてのマナー不足もトラブルになりやすい原因です。

この記事を書いたプロ

株式会社Reborn [ホームページ]

塩原真貴

長野県長野市稲里町田牧1327-7 [地図]
TEL:026-274-5485

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
手描きの図面にこだわると言う塩原さん

原価公開、既存住宅の改修で建築業界に切り込む。情熱を持った若きフロントランナー。(1/3)

 2011年4月に建築士事務所、しおはら住宅デザイン設計を設立した塩原真貴さん。現在、県内を中心に住宅の設計を手掛け、充実した日々を送る塩原さんですが、その道のりは決して平たんなものではありませんでした。 2011年3月8日。当時、塩原...

塩原真貴プロに相談してみよう!

信濃毎日新聞 マイベストプロ

分離発注による新価格の実現と予算に合わせた耐震・断熱改修工事

会社名 : 株式会社Reborn
住所 : 長野県長野市稲里町田牧1327-7 [地図]
TEL : 026-274-5485

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

026-274-5485

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

塩原真貴(しおはらまさき)

株式会社Reborn

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
こんなに違うの!?断熱サッシとガラスをどう選ぶ?
イメージ

 いろんなサッシがあり、いろんなガラスが組み合わされている 「サッシがどうもポイントらしい」そう一般...

[ 断熱改修・耐震改修の手順 ]

ここだけの話ですが、我が家は原発電力たくさん使ってました
イメージ

 今後電気料金は今後どうなってしまうか、誰にも分からない? 皆さんにも今月の電気料金の請求がきっと来てい...

[ 建築について ]

長野県 断熱リフォーム・耐震改修、ほんとにできるの?
床に断熱材をいれる

非常にとっつきにくい言葉です、「断熱改修」と「耐震改修」。より体感的に理解していただくために、なにかいい言...

[ 断熱改修・耐震改修の手順 ]

断熱改修・耐震改修 事前の調査による問題点の洗い出しが重大
断熱改修工事

調査はかなり念入りに行います。図面が残っていない場合も少なくありません。この場合、既存の図面を起こす作業が...

[ 断熱改修・耐震改修の手順 ]

やっときゃよかった、耐震診断・耐震改修
イメージ

地震活動期に入ったといわれて久しい、私たちが暮らす日本。5か月前に起こった熊本地震ではありますが、その記...

[ まずは耐震診断を。そして予防をしましょう ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ