コラム

 公開日: 2013-10-22  最終更新日: 2014-06-19

暖房しても部屋が温まらないのはなぜ?

すでに住んでいるお宅を調査させていただく機会が増えています。壁や床を壊してまではなかなか調査できませんが、ほとんどの家の屋根裏には入ることができます。

屋根裏一般

屋根裏は文字通り屋根の裏に位置していていますが、最近では「ロフト」と称して物置として一部部屋として利用していたり、ちょっとした隠れ家的空間として人気がありますよね。

押入れやウォークインクローゼットなどのどこかに、きっとその入口があるはずです。

木造住宅の屋根裏では、小屋組み(こやぐみ)と呼ばれる構造材を見ることができます。棟札とか御幣などと呼ばれる、お守りがあったりもします。そのお宅でどんな材木が使われているか、どの程度の設計レベルがあるかなどを垣間見ることができ、情報量が満載です。基本的には断熱材が敷き詰められた海原にあるはずです。

屋根裏は、真夏には60℃になることもしばしば。太陽で熱せられた屋根面が輻射熱となってこの空間をサウナ状態です。真夏の屋根裏点検作業は5分程度が限界です(笑)
この熱を直下の部屋の天井面に伝えないようにするために断熱材は隙間なく敷き詰められていなくてはなりません。

冬はどうな空間なのでしょうか?

屋根裏は温熱環境的には屋外扱いです。空気が出入りする換気窓(屋根裏換気口とか矢切(やぎり)といいます)があり、外気が自由に出入りしています。

きちんと断熱されたお宅の屋根裏は、外気温にかなり近い。外気温が0℃ならば、太陽が出ていなければせいぜい5℃くらい。
残念ながら断熱材がきちんと施工されていないと20℃近くまであります。


この違いが「暖房してもぜんぜん温まらない」という住んでいる人の感じ方になります。
ポイントは大きく分けて2点。

①間仕切り壁の上部が屋根裏空間とつながっていないか?

②断熱材がほんとうに隙間なく敷き詰められていているか?

小屋裏の問題点


【解説】

① 木造在来工法では、一般に3mほどの高さになる間仕切り壁(まじきりかべ)を天井より先につくり、そのあと、床から2.4mほどの高さに天井面をつくります。するとこの写真のように間仕切り壁の最上部を小屋裏で見ることが出来ます。部屋を暖房をするとここから暖かい空気がぐんぐん出てきます。どこを暖房しているのか分らないくらいです。
この隙間にグラスウールのような綿状のものを押し込むことで、暖房の効きは格段に良くなります。(「間仕切り壁上部の気流止め工事」と呼んでいます)


② 屋根裏の断熱材は厚ければ厚いほどよいのですが、多くの家はビニール袋入りのグラスウール10cm厚のものが、隙間だらけで適当に並んでいます。この袋入りのグラスウールを先ほどの間仕切り壁の上部隙間に押し込んで入れてしまい(釘が飛び出ていることが多いので怪我に注意!)、防湿シートを全面に隙間なく貼り込んで(気密テープ併用)、厚さ20cmのグラスウールマットを敷きつめるのが王道です。

少し費用がかさみますが、ブローイングと呼ばれる粒状の断熱材(グラスウール、セルローズファイバーなどがある)を圧送器を使って吹き込む工法もあります。いずれにせよ専門業者に頼んだ方が良さそうです。
珍客がいないとも限らないので(笑)

ブローイング

珍客

ロフトがある場合はその壁の面にも当然断熱材がなくてはならないのですが、残念ながらそこまで気がまわる業者が少ないことも事実です。

ロフトの壁の断熱材がない!

屋根裏がきちんと断熱された家は、冬雪が降った際軒先につららが出来にくい。逆につららがたくさんできる家は、暖房の効きが相当悪い家です。

この記事を書いたプロ

株式会社Reborn [ホームページ]

塩原真貴

長野県長野市稲里町田牧1327-7 [地図]
TEL:026-274-5485

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
手描きの図面にこだわると言う塩原さん

原価公開、既存住宅の改修で建築業界に切り込む。情熱を持った若きフロントランナー。(1/3)

 2011年4月に建築士事務所、しおはら住宅デザイン設計を設立した塩原真貴さん。現在、県内を中心に住宅の設計を手掛け、充実した日々を送る塩原さんですが、その道のりは決して平たんなものではありませんでした。 2011年3月8日。当時、塩原...

塩原真貴プロに相談してみよう!

信濃毎日新聞 マイベストプロ

分離発注による新価格の実現と予算に合わせた耐震・断熱改修工事

会社名 : 株式会社Reborn
住所 : 長野県長野市稲里町田牧1327-7 [地図]
TEL : 026-274-5485

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

026-274-5485

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

塩原真貴(しおはらまさき)

株式会社Reborn

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
こんなに違うの!?断熱サッシとガラスをどう選ぶ?
イメージ

 いろんなサッシがあり、いろんなガラスが組み合わされている 「サッシがどうもポイントらしい」そう一般...

[ 断熱改修・耐震改修の手順 ]

ここだけの話ですが、我が家は原発電力たくさん使ってました
イメージ

 今後電気料金は今後どうなってしまうか、誰にも分からない? 皆さんにも今月の電気料金の請求がきっと来てい...

[ 建築について ]

長野県 断熱リフォーム・耐震改修、ほんとにできるの?
床に断熱材をいれる

非常にとっつきにくい言葉です、「断熱改修」と「耐震改修」。より体感的に理解していただくために、なにかいい言...

[ 断熱改修・耐震改修の手順 ]

断熱改修・耐震改修 事前の調査による問題点の洗い出しが重大
断熱改修工事

調査はかなり念入りに行います。図面が残っていない場合も少なくありません。この場合、既存の図面を起こす作業が...

[ 断熱改修・耐震改修の手順 ]

エコ住宅への建て替え・エコリフォーム、に補助金が決定^^
イメージ

速報です!国土交通省による予算請求であった、住宅ストック循環支援事業に補正予算が確定しました(10/11成立)...

[ 補助金 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ