コラム一覧 :建築について

1件~15件(15件)

通風できる窓は、防犯上安全に。

イメージ

もうすぐ本格的な夏を迎えます。梅雨時期の信州は、30℃を超える蒸し暑い日と20℃前後の肌寒い日が繰り返され、体調を崩しやすい。外に出ると30℃で汗が噴き出る。事務所に入るとクーラーが効きすぎた23℃で急激に体が冷える。自律神経がおかしくなるのも当然です。この時期室内温度... 続きを読む

建築について

2016-06-30

誰も言わなかった、ZEH(ゼロエネルギーハウス)に向かう危険性

イメージ

ZEHビルダー登録をしました。私自身は多少のためらいを感じながら、ある意味やむを得ず、申請を行いました。今年度から、「ゼロエネ補助金の申請をしたいなら、まずはZEHビルダー登録をしなきゃ、だめだからな」ということになってしまったのです。住宅建築業界紙はもとより、さまざまな... 続きを読む

建築について

2016-05-29

基礎断熱と床断熱メリットデメリット【マニア向け】

イメージ

高断熱住宅を探求してゆくと、初期段階でぶつかる問題のひとつに、「基礎断熱とするか、床断熱にするべきか」という問題があります。各工務店、HM、もっといえば建築士の個々で意見が分かれているのが現状ではないでしょうか。それぞれの工法には、当然ながらいいところ悪いところがありま... 続きを読む

建築について

2016-01-19

洗濯物をどこに干すか、の問いに対して

イメージ

この時期悩むのが、家の中のどこに洗濯物を干すのか。冬に設計をすると、そんなところにまでお客様の要望がきちんと出てきます。すばらしいことです。ぼくら建築士は、外観デザインやインテリアデザインだけではなく、そういう生活のなまなましい部分もきちんと提案し、落とし込んでてゆ... 続きを読む

建築について

2016-01-13

団塊ジュニアたちによる2世帯(3世代)化リフォーム

イメージ

いつも断熱職人・塩原真貴の当コラムをご覧いただき、誠にありがとうございます。今年は長野県内の方にとどまらず、県外の方からも断熱のことや耐震のことについてご相談のお電話やメールを頂戴し、お話しをさせていただいてまいりました。新築したばかりなのに、お風呂の湯船のお湯が、す... 続きを読む

建築について

2015-12-28

サッシのガラス選定や断熱材の厚さ・種類をどう選択するのか

 家づくり中毒!? 家づくりを勉強すればするほど中毒化するのは止むを得ないことです。これだけインターネットや専門書、雑誌、見学会なんかで情報が取れますし、いろんな論者が、いろんな商品が、いろんな考え方が私たちの周りには膨大に存在しています。「この○△工法以上に優れたも... 続きを読む

建築について

2015-11-08

厳冬期、1か月間ずっと停電したら自宅で生活できるか?

イメージ

防災の日。かつて92年前に関東大震災が発生した日ですね。地震・雷・おやじ。数ある災害の中で『地震』こそ最も恐ろしく、甚大なる被害を多くの人々に与え、確率的にも非常に高く発生する、我々日本人が避けて通ることのできない自然の脅威です。私たち建築の設計に携わる者はちは... 続きを読む

建築について

2015-09-01

エコキュートや蓄暖など、深夜電気を使う機器に物申す

イメージ

今回は私の個人的な思考に偏った意見を。電力の話です。建築に携わるものとしてここ数年、深夜電気料金体系がこのままあり続けるのかどうか?深夜電気を使う機器の導入を、「施主の意向だから」ということで採用してもいいのか?みんながいいといってるんだから・・・、それらが国内... 続きを読む

建築について

2015-08-19

夏涼しい家は、通風と日除け、そして屋根がうまくいっている

イメージ

窓がない家はありません。写真の現像室や納戸、トイレなど、窓がない部屋もたまにはありますが、ほとんどの部屋には窓がありますね。建築基準法では、住宅の居室には、床面積の1/7以上の窓(開口部)を設けることとされています。窓は日射や風を取り込むばかりではなく、煙を出したり、避... 続きを読む

建築について

2015-07-26

寒い家は理由(ワケ)あって寒いのです

イメージ

連日雪が降り続いています。太陽も見えず、気温は日中でも10℃までは到底いかない。朝、事務所にきてまずやることはファンヒーターのボタンを押すことです。寒い家に住んでいる人は誰だってそうです。きっとお母さんが多いんだと想像します。ファンヒーターの電源ボタンの周辺には、現在の... 続きを読む

建築について

2014-12-16

綱引き合戦は終始引き分けに終わる~暖房に迷ったら温水パネルヒーターがおすすめ

イメージ

断熱はウレタンで、ものすごいコストをかけています!C値(隙間の程度を示すものさし)も0.5を切ります!サッシも全箇所木製トリプル(3重ガラス)でお金かけてます!だから暖房はエアコン1台でいいんです。床下にエアコンを置いてみたりするものいいかもしれません・・・。果たし... 続きを読む

建築について

2014-12-11

棒一本でも耐震アップに役に立つんです

長野県神城断層地震で被害に遭われた方々、ならびにそのご親類の皆様に心よりお見舞い申し上げます。私の住む長野市でも多少なりとも被害があり、「瓦が落ちた」、「オイルタンクが倒れた」、「看板の根元が腐っていたため折れて倒れてしまった」、「壁に割れが入って落っこちてしまった」、「食... 続きを読む

建築について

2014-11-25

ここだけの話ですが、我が家は原発電力たくさん使ってました

イメージ

 今後電気料金は今後どうなってしまうか、誰にも分からない? 皆さんにも今月の電気料金の請求がきっと来ていますね。あまりじっくり見つめたことがない方がほとんどだと思いますので、私個人の伝票をお見せします。(画像をクリックすると拡大します)少し解説を加えます。我が... 続きを読む

建築について

2014-09-27

夏をすこしでも過ごしやすくするために

イメージ

梅雨明け間近、今年もやっぱり夏がやって参りました。「地球温暖化の影響で、昔より気温がずいぶん上がっているでしょう。エアコンはもはや必須ですよ」わたしたち建築に携わる技術者の間でも、そんな風に語られることが多くなりました。私の実家は松本市にありますが、私はエアコンがな... 続きを読む

建築について

2014-07-17

現場のジョウシキ、施主の常識

建具屋

建築の現場にはたくさんの人間が関わることになります。工務店やハウスメーカーの営業マンにはじまり、不動産屋さん設計担当者現場監督さん工務店社長大工さん基礎屋さん屋根屋さん電気屋さん水道屋さんサッシ屋さん塗装屋さん左官屋さんタイル屋さんユニット屋さん家具屋さん建具... 続きを読む

建築について

2013-09-28

1件~15件(15件)

RSS
 
このプロの紹介記事
手描きの図面にこだわると言う塩原さん

原価公開、既存住宅の改修で建築業界に切り込む。情熱を持った若きフロントランナー。(1/3)

 2011年4月に建築士事務所、しおはら住宅デザイン設計を設立した塩原真貴さん。現在、県内を中心に住宅の設計を手掛け、充実した日々を送る塩原さんですが、その道のりは決して平たんなものではありませんでした。 2011年3月8日。当時、塩原...

塩原真貴プロに相談してみよう!

信濃毎日新聞 マイベストプロ

分離発注による新価格の実現と予算に合わせた耐震・断熱改修工事

会社名 : 株式会社Reborn
住所 : 長野県長野市稲里町田牧1327-7 [地図]
TEL : 026-274-5485

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

026-274-5485

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

塩原真貴(しおはらまさき)

株式会社Reborn

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
こんなに違うの!?断熱サッシとガラスをどう選ぶ?
イメージ

 いろんなサッシがあり、いろんなガラスが組み合わされている 「サッシがどうもポイントらしい」そう一般...

[ 断熱改修・耐震改修の手順 ]

ここだけの話ですが、我が家は原発電力たくさん使ってました
イメージ

 今後電気料金は今後どうなってしまうか、誰にも分からない? 皆さんにも今月の電気料金の請求がきっと来てい...

[ 建築について ]

長野県 断熱リフォーム・耐震改修、ほんとにできるの?
床に断熱材をいれる

非常にとっつきにくい言葉です、「断熱改修」と「耐震改修」。より体感的に理解していただくために、なにかいい言...

[ 断熱改修・耐震改修の手順 ]

断熱改修・耐震改修 事前の調査による問題点の洗い出しが重大
断熱改修工事

調査はかなり念入りに行います。図面が残っていない場合も少なくありません。この場合、既存の図面を起こす作業が...

[ 断熱改修・耐震改修の手順 ]

エコ住宅への建て替え・エコリフォーム、に補助金が決定^^
イメージ

速報です!国土交通省による予算請求であった、住宅ストック循環支援事業に補正予算が確定しました(10/11成立)...

[ 補助金 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ