コラム

 公開日: 2015-05-16 

木育って知ってる? その1

「むかし、むかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。おじいさんは山へ柴刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました・・・」

みなさまもご存知の昔話「桃太郎」の始まりですが・・・



おじいさんの仕事は芝刈り(ゴルフ)ではなくて柴刈りなんですね。
ここで言う柴刈りは雑木の枝集めのことです。おじいさんは雑木を集めるのが仕事で、それも生計の一部だった訳です。

昔は食事をたべるためには、かまどに火をつけてご飯を炊いて、お風呂に入るのには薪をくべて、お湯を沸かして、火の番は子供たちの仕事でした、そいうお手伝いをすることで家族の中での役割があり、存在理由も有り、コミュニケーションが育まれ同時に火の力や怖さも学んだものです。

さらに暖房は囲炉裏やコタツですから木を炭にして使用し、子供のおもちゃは剣玉や積木、メンコ、凧とかでした。
木は人が暮らす上で欠かすことの出来ない相棒でした。

ところが、ふと気付くと今、私達の周りに木は何処にあるのでしょうか?
ご飯もお風呂も暖房もスイッチ一つで快適な生活ができてしまう。

消費エネルギーは電気、石油、ガス等が主流であり、環境汚染を考えると?が正直なところです。
そして子供のおもちゃは携帯ゲーム機になり、木との繋がりが無くなった様に、人や家族との触れ合いすら希薄になってはいないでしょうか?

そこで登場するのが「木育」です。

続きは次回へ・・・

この記事を書いたプロ

株式会社 住まい工房 [ホームページ]

一級建築士 中島崇伸

長野県松本市井川城3-7-27 [地図]
TEL:0263-28-6351

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
中島崇伸 なかじまたかのぶ

代々住み継がれて行く想いのこもった地産地消の木の家をつくる(1/3)

中島崇伸さんが社長を務める「株式会社住まい工房」は、長野県産の木材を使用した木の家づくりを通して、顧客の家族が「たくさんの笑顔に囲まれ、幸せな家庭をつくる」を手伝う会社です。特に子育て世代の人々に、家づくりを通して「子どもたちの健やかな成長...

中島崇伸プロに相談してみよう!

信濃毎日新聞 マイベストプロ

人と人を繋ぎ、豊かで温かな暮らしを育む家創りをサポートします

会社名 : 株式会社 住まい工房
住所 : 長野県松本市井川城3-7-27 [地図]
TEL : 0263-28-6351

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0263-28-6351

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中島崇伸(なかじまたかのぶ)

株式会社 住まい工房

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
中島崇伸の自己紹介

こんにちは。 株式会社 住まい工房 代表取締役社長 中島崇伸です。木の有る暮らし方を不定期に書いていきま...

[ 木と暮らす ]

桧の力 その1
イメージ

信州の木を使った家を見学にいらしたお客様が最初に発する言葉があります。お客様 「木の良い香りがしますね~...

[ 快眠・信州ひのき枕 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ