コラム

 公開日: 2017-10-12 

電線地中化の街並み

安曇野らしい風景を守る価値

弊社の創業者がイメージした分譲地のあるべき姿・・・それが「電線地中化の街並み」でした。
楽器製造を手掛ける会社の取締役を務めていた若き頃、ギターの本場、アメリカの地をよく踏むことがあり、そこで見た街並みがずっと脳裏に焼き付いていたそうです。広くゆったりとした道路、道路際の並木、美しい芝生のアプローチ、そしてシャッター付のガレージがあるおうち・・・。
時が巡り、手掛けるものが変化し、縁あって宅地分譲の話があった時、初めてのトライで松本平中の不動産業者も手掛けていなかった「電線地中化の街並み」造りに取組む決断をしたのだそうです。
住宅も北米の2x4工法の家を資材を輸入して建てていたので、デザイン的に見てもとても良くマッチしたのですが、同じ樹種である「カツラの木」を各区画にプレゼントし、道路際2mの範囲の芝生敷きは最後に外構工事がある際に無償にて工事させて頂き、電線だけでなく、電話も、テレビでさえも最初はケーブルを埋設しました。(今は壁面取付型のアンテナの設置はOKとしています)

分譲地②

「カナダの街」とか、地元では言われていたりします。無償で借りられる家庭菜園スペースも提供しているところが、ちょっと安曇野らしさでしょうか?全てが北米の通りではありませんが、その良さ、「価値」を安曇野の地で再現させました。
朝起きて、会社に出掛ける。学校に出掛ける。そして夕方帰宅する。
そんな日常、日課の中に緑が輝く、「気持ちの良い景観」統一感のある街並みがもたらす「心の満足感」。これが弊社分譲地の価値です。お金に替えられるものではないですね・・・。

最初は10区画、次に9区画、そして現在20区画中あと3区画で完売と言うところです。
これら3つの分譲地は繋がっている1つのエリアにあり、5年後、10年後の姿もご覧頂ける状態です。

日頃は住宅ローンの負担は?であったり、おうちのランニングコストであったりに関して考えて考えてお客様にご説明しておりますが、他方、こういったお金に換算出来ない「価値」、おうち作りにはありますね・・・。

この記事を書いたプロ

株式会社スペースウェアハウス [ホームページ]

建築家 醍醐英治

長野県松本市平田西1-2-16 [地図]
TEL:0120-29-1899

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3
<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
信州の暮らしコンシェルジュ!家計に優しい家づくりのプロ 醍醐英治さん

コミュニティに寄り添い、顧客に寄り添う。あなたの暮らしコンシェルジュが安曇野で暮らす喜びをご提案(1/3)

 「一見、最新設備を備えている住宅は良く見えますが、お子さんの進学などでお金が掛かる10~15年後、多額の設備更新費用やリフォームが必要になる事も多く、新築時の選択が実は重要です」と語るのは、松本市「株式会社スペースウェアハウス」の常務取締...

醍醐英治プロに相談してみよう!

信濃毎日新聞 マイベストプロ

顧客のニーズに合わせ、将来を見据えた家作りの適切なアドバイス

会社名 : 株式会社スペースウェアハウス
住所 : 長野県松本市平田西1-2-16 [地図]
TEL : 0120-29-1899

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-29-1899

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

醍醐英治(だいごえいじ)

株式会社スペースウェアハウス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
建築業者では教えてくれない〝住宅計画″セミナー
イメージ

 誰もが不安な資金計画 今日の新聞折込にタイトルにあるチラシを見付けました。実は弊社にも声が掛かった団...

[ 資金計画 ]

板張りの外壁と塗装、メンテナンスコストについて考える
イメージ

 「営業マンのxxさんは10年に一度でOKと言ってました!」 これは私が10数年前に務めていた会社で建てたお客...

[ 家作り ]

高耐久外壁「樹脂サイディング」と言う選択
イメージ

 シェアはとても低い外壁材ですが・・・ もしかするとこの松本平でも片手で数える程度しか扱う会社が無いの...

[ 家作り ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ