岡村隆志

おかむらたかし

特許業務法人 綿貫国際特許・商標事務所

[ 長野市 ]

職種

コラム

 公開日: 2016-04-12 

企業の秘密情報保護を如何に行うか ~不正競争防止法改正との関連~

 昨今、企業の秘密情報(以下「営業秘密」と言います)の漏洩に関する大きな事件が度々報道されています。例えば、新日本製鐵(現新日鐵住金)の鋼板製造技術が韓国の企業へ流出し、さらに、中国の企業へ流出したことで発覚した事件がありました。また、ベネッセコーポレーションの通信教育の顧客データが3000万件以流出した事件もありました。

 このような事件に鑑み、国としても、不正競争防止法の改正を行うこと等によって営業秘密保護の実効性を高める対策を講じました。

 ここで、不正競争防止法の平成27年改正の主だった点について簡単に触れておきます。

 ・「技術上の秘密(例えば生産方法)を取得した者がその秘密の使用(例えば生産)により生じた物を譲渡(例えば販売)等する行為」が不正競争行為(2条1項10号)として追加されました。

・また、技術上の秘密を使用した行為を推定して、立証責任の転換を図る規定も設けられました(5条の2)。ただし、現状の政令指定では、技術上の秘密は「生産方法」であり、使用する行為は「生産」に限定されています。

 ・また、差し止め請求等を行うことのできる時効が10年から20年に延長されました(15条)。

 ・さらに、前述の海外流出事件を踏まえ、「海外重課」が導入されました。具体的には、日本国外で使用する目的での不正競争行為に対して、罰金刑が1000万円から3000万円に引き上げられました(21条)。

・その他にも、刑事罰の強化として、未遂罪の導入、非親告罪化等が行われました(21条)。

 一方、企業はハード、ソフト両面において様々な対策を講じています。しかしながら、「営業秘密」という無体の情報を扱うが故に、完璧を期すことが難しい面もあります。

 特に、製造技術のような「ノウハウ」を如何に保護するかという点は、製造業の企業にとって、最重要課題の一つです。

 弊所では、これまで培ったノウハウ保護の手法をご紹介できますので、ご関心のある方はご一報頂けたらと思います。

                                                     弁理士 岡村 隆志

この記事を書いたプロ

特許業務法人 綿貫国際特許・商標事務所 [ホームページ]

弁理士 岡村隆志

長野県長野市中御所 3丁目12番9号 クリエイセンタービル [地図]
TEL:026-228-5366

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
所属弁理士の紹介
イメージ

弁理士歴40年余り。知財全般のナビゲータ。出願業務の両翼である研究開発から知財利用経営にまで関わる。研究開発ではアイディアの取り扱いから、知財利用経営では利益...

取扱業務

・特許権/実用新案権(アイディア)・意匠権(製品形状・デザイン)・商標権(商品・会社の名称・マーク)・外国における知的財産権・権利侵害訴訟・知的財産契約...

 
このプロの紹介記事
綿貫国際特許・商標事務所 所長 岡村隆志

競争力と価値を高める知的財産のアドバイザー(1/3)

 企業や業界団体などが自らの価値を高め、厳しい競争時代を生き残るためのキーワードとして、「知財(知的財産)戦略」への注目が高まっています。技術、製品、ブランドを知的財産として権利化し、法的な保護の下に国内外の競争に勝ち残っていく施策に関し、...

岡村隆志プロに相談してみよう!

信濃毎日新聞 マイベストプロ

高い専門性、企業経験、グローバル視点を発揮して対応

事務所名 : 特許業務法人 綿貫国際特許・商標事務所
住所 : 長野県長野市中御所 3丁目12番9号 クリエイセンタービル [地図]
TEL : 026-228-5366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

026-228-5366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岡村隆志(おかむらたかし)

特許業務法人 綿貫国際特許・商標事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
商標判例(湯ーとぴあ事件)
イメージ

商標の判例(湯~とぴあ事件)日帰り入浴施設について用いられた「湯~とぴあ」という商標の商標権侵害事件に...

小規模企業等であれば出願審査請求の手数料が軽減されます

 特許出願した発明が特許権となるか否かは、特許庁の審査官によって審査される必要があります。 しかし、日本...

平成28年4月1日法改正概説

 平成28年4月1日付で改正特許法が施行されます。 主な改正事項は2つあり、1つ目は職務発明規定(特許法...

TPPにおける知的財産分野の概要

 昨年10月、TPPの具体的内容が大筋合意に達しました。TPPとは、Trans-Pacific Partnership(環太平洋パー...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ