岡村隆志

おかむらたかし

特許業務法人 綿貫国際特許・商標事務所

[ 長野市 ]

職種

コラム

2016-06-30

商標判例(湯ーとぴあ事件)

商標の判例(湯~とぴあ事件)

日帰り入浴施設について用いられた「湯~とぴあ」という商標の商標権侵害事件について簡単に紹介します。
原告は、商標登録 第3112304号「ラドン健康パレス/湯~とぴあ」を所有する入浴施設の運営企業です。



被告は、静岡県の地方自治体であり商標登録第5692791号「湯~トピアかんなみ」を所有し、日帰り入浴施設「湯~トピアかんなみ」を運営しています。





原告は、被告に対し使用差止と損害賠償を求めて東京地裁に提訴し、東京地裁では使用差止と1234万円の損害賠償を認めました。
本判決については種々の論点がありますが、ここでは原告商標と被告標章が類似しているかどうかという類否判断についてのみ、簡単に説明します。
ちなみに、被告標章「湯~トピアかんなみ」も商標登録されているのですから、特許庁では、「ラドン健康パレス/湯~とぴあ」と「湯~トピアかんなみ」とは非類似であると判断したわけです。
この点、東京地裁では、類否について次のように判断しました。
原告商標については、外観上、上段の「ラドン健康パレス」の部分と下段の「湯~とぴあ」の部分とから成る結合商標と認められるが、その文字の色及び大きさの違い、その配置態様によって、一見して明瞭に区分して認識されるものであるから、これらの二つの部分は分離して観察することが取引上不自然と思われるほど不可分に結合しているものということはできないので、全体としての称呼、観念のほかに「湯~とぴあ」の部分から「ユートピア」の称呼と「理想的で快適な入浴施設」程度の観念が生じうる、としています。
被告標章については、上段の「湯~トピアかんなみ」の部分は一行で同様の文字でまとまりよく記載されているものの、黒色の「湯~トピア」と緑色の「かんなみ」の2つの部分によって構成されていることが容易に認識され、この二つの部分は分離して観察することが取引上不自然と思われるほど不可分に結合しているものということはできないと判断し、また前方の「湯~トピア」の部分は「ユートピア」の「ユ」を「湯」に置き換えた造語であり、出所識別標識として強い印象を与える部分であるということができるが、他方、後方の「かんなみ」の部分は、「函南」という地名若しくは町名を指していることは明らかであるから、入浴施設が所在し、その役務が提供される場所を表すものにすぎず、自他役務を識別する機能が弱いと判断しています。
そうすると「かんなみ」の部分は「湯~トピア」の部分と一体となって上記の称呼及び観念が生じ得るとしても「かんなみ」の部分それ自体からは独自の出所識別標識としての称呼及び観念を生じないというのが相当であり、したがって被告標章の上段部分からは、その全体に対応した称呼及び観念とは別に「湯~トピア」の部分に対応した「ユートピア」という称呼及び「理想的で快適な入浴施設」という程度の観念も生じる、としています。
つまり、被告商標の「湯~トピアかんなみ」は、「湯~トピア」と「かんなみ」に分離され、原告商標の「湯~とぴあ」と分離された被告標章「湯~トピア」とが比較されて、称呼及び観念が同一であるから、類似であるという結論に至ったわけです。
上記の裁判所の判断には、疑問を感じる部分もありますが、実際の類否判断においては、特許庁の判断と裁判所の判断が異なる場合もある、ということがおわかりいただけたかと思います。
なお、この判決を不服とした被告は控訴しました。またの機会に本事件の控訴審の判決を紹介したいと思います。
                                                     弁理士 傳田 正彦

この記事を書いたプロ

特許業務法人 綿貫国際特許・商標事務所 [ホームページ]

弁理士 岡村隆志

長野県長野市中御所 3丁目12番9号 クリエイセンタービル [地図]
TEL:026-228-5366

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
所属弁理士の紹介
イメージ

弁理士歴40年余り。知財全般のナビゲータ。出願業務の両翼である研究開発から知財利用経営にまで関わる。研究開発ではアイディアの取り扱いから、知財利用経営では利益...

取扱業務

・特許権/実用新案権(アイディア)・意匠権(製品形状・デザイン)・商標権(商品・会社の名称・マーク)・外国における知的財産権・権利侵害訴訟・知的財産契約...

 
このプロの紹介記事
綿貫国際特許・商標事務所 所長 岡村隆志

競争力と価値を高める知的財産のアドバイザー(1/3)

 企業や業界団体などが自らの価値を高め、厳しい競争時代を生き残るためのキーワードとして、「知財(知的財産)戦略」への注目が高まっています。技術、製品、ブランドを知的財産として権利化し、法的な保護の下に国内外の競争に勝ち残っていく施策に関し、...

岡村隆志プロに相談してみよう!

信濃毎日新聞 マイベストプロ

高い専門性、企業経験、グローバル視点を発揮して対応

事務所名 : 特許業務法人 綿貫国際特許・商標事務所
住所 : 長野県長野市中御所 3丁目12番9号 クリエイセンタービル [地図]
TEL : 026-228-5366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

026-228-5366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岡村隆志(おかむらたかし)

特許業務法人 綿貫国際特許・商標事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
小規模企業等であれば出願審査請求の手数料が軽減されます

 特許出願した発明が特許権となるか否かは、特許庁の審査官によって審査される必要があります。 しかし、日本...

企業の秘密情報保護を如何に行うか ~不正競争防止法改正との関連~

 昨今、企業の秘密情報(以下「営業秘密」と言います)の漏洩に関する大きな事件が度々報道されています。例えば...

平成28年4月1日法改正概説

 平成28年4月1日付で改正特許法が施行されます。 主な改正事項は2つあり、1つ目は職務発明規定(特許法...

TPPにおける知的財産分野の概要

 昨年10月、TPPの具体的内容が大筋合意に達しました。TPPとは、Trans-Pacific Partnership(環太平洋パー...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ