岡村隆志

おかむらたかし

特許業務法人 綿貫国際特許・商標事務所

[ 長野市 ]

職種

取扱業務

弊所でのお取扱い業務のご案内

・特許権/実用新案権(アイディア)
・意匠権(製品形状・デザイン)
・商標権(商品・会社の名称・マーク)
・外国における知的財産権
・権利侵害訴訟
・知的財産契約
・その他知的財産全般

知的財産権は特許、実用新案、意匠、商標の他に、著作権、不正競争防止等の広い範囲を含んでいます。知的財産権に関わる全般について、お気軽にお問い合わせください。
知的財産権に関するセミナーも行っています。






この記事のURL

権利を取りたい!

イメージ

 皆さんが考えた製品や製造方法に関する新しい技術的な特徴は、「特許権」や「実用新案権」によって保護を受けられる可能性があります。また、皆さんが考えた製品のデザインは「意匠権」によって、製品やサービスの名称は「商標権」によって、それぞれ保護を受けられる可能性があります。
 特許権、実用新案権、意匠権、商標権を取るには、特許庁に適切な書面(出願書類)を提出(出願)する必要があります。
 また、外国で権利を取るには、種々の条約に基づいた手続きが必要になります。
 私たちは、知的財産に関する各種の法令や、過去の事例等に基づいて、皆さんがより強く広い権利を取得できるよう、精一杯お手伝い致します。まずはお気軽にご相談下さい。

この記事のURL

権利が取れそうか知りたい!

イメージ

 以前に他人が同じようなものを出願していたりすると、権利を取得できない場合があります。せっかくの出願費用や時間を無駄にしないために、出願の前に、過去の出願を調査することをお勧めします。
 また、過去の類似する出願を調査することで、皆さんの技術をどのように出願書類に記載したり、ネーミングをどのように工夫したりすれば権利化しやすくなるか、適切に判断できるようになります。
 私たちは、皆さんが、無駄な出費を抑えるとともに、より適切な出願をすることができるよう、検索手法や技術分類/商品分類の専門知識に則って、調査のお手伝いをさせていただきます。まずはお気軽にご相談下さい。

この記事のURL

技術や商品を他人にマネされた!

イメージ

 技術や商品を他人にマネされた場合、特許権、実用新案権、意匠権、商標権をお持ちであれば、それらに基づいて相手方に警告や、製造・販売・輸入等の差し止め、損害賠償の請求等の権利行使を行うことができる可能性があります。また、これらの権利をお持ちでない場合でも、不正競争防止法や、著作権法等に基づいて、法的な措置を取ることができることがあります。
 なお、法的な根拠に基づかずに、独自の判断で不適切な権利行使等を行おうとすると、反対に権利者側が損害賠償等の責務を負う場合もあり、大変危険です。まずは私たちにご相談下さい。

この記事のURL

権利を侵害しているとの警告書が届いた!

イメージ

 他人から権利を侵害しているとの警告書が届くと、心配になって安易に権利者の要求に応じてしまいがちですが、警告書が届いたからといって、必ずしも皆さんが権利侵害しているとは限りません。まずはその他人の権利の有無や範囲を確認するとともに、皆さんの商品等がその他人の権利範囲に属するものであるか、的確に判断することが必要です。それには専門知識が不可欠ですので、まずは私たちにご相談下さい。

この記事のURL

他人の権利を使いたい/回避したい!

イメージ

 商品を販売しようとしたら、似たような特許権や商標権等を見つけてしまった。今さら販売中止にはできません。さて、どうしたら良いでしょう。
 こんな場合には、まずは皆さんの商品が本当にその権利を侵害するものなのかどうかを、法的知識に基づいて判断する必要があります。仮に侵害してしまう場合でも、権利者にお願いして適切なロイヤリティを支払って販売させてもらったり、権利を侵害しないように設計変更や名称変更を行ったりするなど、色々な対策が考えられます。的確な判断には専門知識が不可欠ですので、まずは私たちにご相談下さい。

この記事のURL
最近投稿されたコラムを読む
所属弁理士の紹介
イメージ

弁理士歴40年余り。知財全般のナビゲータ。出願業務の両翼である研究開発から知財利用経営にまで関わる。研究開発ではアイディアの取り扱いから、知財利用経営では利益...

取扱業務

・特許権/実用新案権(アイディア)・意匠権(製品形状・デザイン)・商標権(商品・会社の名称・マーク)・外国における知的財産権・権利侵害訴訟・知的財産契約...

 
このプロの紹介記事
綿貫国際特許・商標事務所 所長 岡村隆志

競争力と価値を高める知的財産のアドバイザー(1/3)

 企業や業界団体などが自らの価値を高め、厳しい競争時代を生き残るためのキーワードとして、「知財(知的財産)戦略」への注目が高まっています。技術、製品、ブランドを知的財産として権利化し、法的な保護の下に国内外の競争に勝ち残っていく施策に関し、...

岡村隆志プロに相談してみよう!

信濃毎日新聞 マイベストプロ

高い専門性、企業経験、グローバル視点を発揮して対応

事務所名 : 特許業務法人 綿貫国際特許・商標事務所
住所 : 長野県長野市中御所 3丁目12番9号 クリエイセンタービル [地図]
TEL : 026-228-5366

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

026-228-5366

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岡村隆志(おかむらたかし)

特許業務法人 綿貫国際特許・商標事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
商標判例(湯ーとぴあ事件)
イメージ

商標の判例(湯~とぴあ事件)日帰り入浴施設について用いられた「湯~とぴあ」という商標の商標権侵害事件に...

小規模企業等であれば出願審査請求の手数料が軽減されます

 特許出願した発明が特許権となるか否かは、特許庁の審査官によって審査される必要があります。 しかし、日本...

企業の秘密情報保護を如何に行うか ~不正競争防止法改正との関連~

 昨今、企業の秘密情報(以下「営業秘密」と言います)の漏洩に関する大きな事件が度々報道されています。例えば...

平成28年4月1日法改正概説

 平成28年4月1日付で改正特許法が施行されます。 主な改正事項は2つあり、1つ目は職務発明規定(特許法...

TPPにおける知的財産分野の概要

 昨年10月、TPPの具体的内容が大筋合意に達しました。TPPとは、Trans-Pacific Partnership(環太平洋パー...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ